HカップRaMuが20歳に、”ロリ巨乳”から”オトナ巨乳”目指す
148センチのミニマムボディに90センチHカップの迫力バストが魅力のRaMuが、5枚目のDVD『R-19』(ラインコミュニケーションズ)を発売し、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。 5月に台湾で撮影された今作は、見ている人が彼氏気分になれるリアル感が楽しめる内容。「海外にいる私と彼氏との遠距離恋愛がテーマなんですよ。その彼氏が私に会いに来てくれたりします。来てくれて喜んだり、海外でひとりで淋しくて泣いていたり、かなり演技は本気です(笑)。泣きの演技では簡単に泣くことができました。何も考えないで無心でいるだけで涙が出てきました」と振り返った。 オススメなシーンは「朝の寝起きで羊のコスプレをしているシーンがありまして、これはかなりカワイイと思いますよ。私がRaMuなので、ラムの格好をしてみました」と納得のコスプレ姿をピックアップ。お気に入りはチャイナ服のシーンだそうで「台湾の街をうろうろしたんですけど、背景とすごく合っていてキレイな映像になっています。この時になぜかわかりませんけど、現地の人がたくさん集まってきて、写真を撮られまくりました」と明かした。 7月に20歳の誕生日を迎えたRaMu。「20歳になって何か変わることも無いですね。お酒とかもほとんど飲まないので実感は沸かないです。ちなみに最初に飲んだお酒はウーロンハイなんですけど、消毒みたいな匂いのするウーロン茶って感じでおいしくなかったです。無理して飲むならウーロン茶を飲みますね」とお酒はあまり好みではなさそう。また「美容に関しても何もしてこなかったので、美意識を高めていきたいです」ととも話した。 次回作は20代になって最初のDVDになるが「これまでの作品は可愛らしい感じが多かったので、大人っぽい女性をアピールできるようになりたいです。これまでロリ巨乳と言われていましたけど、大人巨乳を目指したいです」と意気込んだ。