葵わかな 劇中衣装でピース「笑い」について心境が変化
10月2日からスタートするNHK後期連続テレビ小説「わろてんか」でヒロイン藤岡てんに抜擢された女優の葵わかな(19)が17日、アメブロオフィシャルブログを更新。同日発表された主題歌『明日はどこから』への想いや”てんちゃん”の変化、劇中衣装を着たオフショットなど公開した。 同ドラマは、明治から昭和初期の大阪を舞台に、主人公・藤岡てん(葵わかな)が小さな寄席の経営を夫婦で始め、日本で初めて「笑い」をビジネスにした女性と言われるまでになる姿を描く。吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにしている。大阪を“笑いの都”に変えていく天真爛漫な藤岡てんの17歳から50歳前後までを葵わかなが演じる。その他、藤岡てんの夫役に松坂桃李(28)、父親役に遠藤憲一(56)、母親役に鈴木保奈美(51)、祖母役に竹下景子(63)を起用することも発表されている。 「主題歌」と題して更新されたアメブロでは、「わろてんかの主題歌を松たか子さんが歌われる事が発表されましたね!『明日はどこから』という曲です。」と改めて報告。 主題歌発表前に行われたタイトルバックの撮影時で初めて聞いたという葵は「とても素敵な曲なのです^_^私は、てんちゃん目線で描かれている曲なのでは…と感じたりしてます笑」と、本作のために作られたオリジナルソングを紹介した。 「てんちゃんは、『笑い』のもつ力を信じて、その大切さを人生をかけて伝えようとする人で、だから、いつでも心の真ん中には『笑い』があって。」と語る『藤岡てん』については、5月19日にクランクインしてから約3ヶ月がたち、色々なキャラクターと出会い、色々なシーンを経て、初めての頃からとは変化があるようだ。 「『笑い』を大切にしている役なのに、ちゃんと考えると一体『笑い』って何なんだろう…って思ってたんですよね!」と綴った葵だが、「この3ヶ月撮影してきて、てんちゃんとしているうちに何となーく『あ、こういうことなのかも』とわかった事があるんです。てんちゃんが思う『笑い』の先にはいつも人がいるんですよね。それは、誰かを笑顔にしたい、笑っていて欲しい、というような事なんですけど。自分が笑う事で相手にも笑って欲しい。面白い寄席を作る事で、観ている人に笑って欲しい。笑う事で元気になって欲しい!楽しくなって欲しい!辛いことを吹き飛ばすくらい!そしてたどり着いた答え。。。『笑い』の先には愛がある!!!これですわ…人を思いやる気持ち、人を愛する気持ちがあって、それが『笑い』に繋がってるんですよね。」と、自身が演じる『藤岡てん』を通じて本作のテーマでもある『笑い』について綴った。 そして、「そんな『笑い』の先の愛を描いているのが、松さんが歌われる今回の主題歌の『明日はどこから』だ、と私は感じたんです。それを説明したかったんです笑」と綴り、「このドラマを、てんちゃんの人生を、包んでくれるような曲です。楽しみにしていて欲しいです 放送まで2ヶ月切ってしまいましたからね…ドキドキしながら、でも、自信を持って観て欲しいって言えるように一生懸命やります 健康に頑張ります。」と意気込みを新たにし、劇中衣装をきたピースショットを公開した。アメブロ最後には「皆さんも、暑さに負けず!」とファンへメッセージも送っている。 ファンから「松さんの主題歌も期待大です」「てんちゃんになってきたね」「わろてんか放送楽しみに待ってます。」「あと2か月で放送スタートと思うとワクワク!」「めちゃ楽しみにしています!」「いつもわかなさんの頑張っている姿に励まされています」「楽しみです」「わかなちゃん可愛い。」と、放送開始を楽しみにしている声などが寄せられている。