桑田佳祐「AERA」表紙に、15年ぶりロックフェスの裏側に迫る
いよいよ来週、ニューアルバム『がらくた』(8/23リリース)の発売を迎える桑田佳祐が、8月28日発売の雑誌AERAの表紙を飾ることが発表となった。 桑田佳祐が、ソロとしてAERAの表紙で登場するのは約6年半ぶり。また、サザンオールスターズとしては4年前にバンドで登場するなど、桑田は今までにも、何度か同誌の表紙を飾っているが、毎回音楽専門誌とは違った切り口のインタビュー記事で読者の関心を寄せている。 今回は、去る8月6日に15年ぶりに出演を果たしたROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017の舞台裏にカメラマンと編集部が潜入。なんとカメラマンがパフォーマンス中にステージ上から撮影をした、まさにライブ感満載の写真で表紙を飾る。 全15曲というボリュームで、すでに関係者からは2017年を代表する名盤、との声が上がっている、桑田佳祐のニューアルバム『がらくた』。そんな大作にして名作を、ソロ30年目にして作り上げた、桑田佳祐という超人のエネルギーあふれる様子を、ぜひこの表紙からも感じ取っていただきたい。さらに中面では、オンステージの模様に加え、ステージ直前、ステージ直後の桑田佳祐の姿を捉えつつ、さらに後日インタビューも敢行。改めて、久々のロックフェスに出演しての感想はもちろんのこと、ソロ30年目にして新作を作り上げた今の心境、さらに「桑田佳祐」という人物そのものにもクローズアップした内容で、桑田ファンならずとも大いに興味深い記事となりそうだ。 アルバム『がらくた』リリース直後に発売されるAERA、ぜひ『がらくた』とともに楽しんでいただきたい。(画像注意 ※実際の表紙にはさらに文字が入ります。) <雑誌掲載情報>  AERA (朝日新聞出版)  2017.9.4号 (8月28日発売)  定価 390円