松井珠理奈、宮脇咲良「豆腐プロレス」記者会見でバチバチ
AKB48グループメンバーが出演のプロレスドラマ「豆腐プロレス」が「豆腐プロレスThe REAL 2017 WIP CLIMAX in 後楽園ホール」と題して、現実のプロレス興行を行うことになった。8月29日にプロレスの聖地と言われる後楽園ホールで開催。AKB48グループファンのみならず、多くのプロレスファンも注目するイベントとなり、チケットはすでに完売状態である。 メインイベントに出場するSKE48松井珠理奈とHKT48宮脇咲良(兼AKB48)がPR会見を行った。 実際に後楽園ホールで行われる試合の見どころについて、松井は「これまでシングルはたくさんやってきましたけど、新生パワーストーンズとの試合も見せていなかったので、連携だとかタッグでの強さを見せられたらと思っています」と話せば、宮脇は「私は一度も珠理奈さんに勝ったことが無いので、この2年間自分のためにできることを全力でやってきたと思うので、錦糸町道場にベルトを絶対に持って帰りたいと思っています」とそれぞれ語った。 プロレスの聖地・後楽園ホールでの試合をすることについて聞かれた松井は「おそらくAKB48グループの中で私が一番後楽園ホールに行っていると思うんですよ。その夢の舞台で試合をすることが未だに信じられないです。ファンの方の中で特別リングサイドが買えなかったという人もいましたけど、後楽園ホールはどこから見ても観やすい会場なので、安心して応援に来て欲しいです」。宮脇は「プロレスファンの人になめていると思われてしまうような試合にならないためにも私たちは本当に本番まで全力で練習しているので、少しでも皆さんに認めてもらえるような試合をしたいです」とコメント。 2人はグループとしてもライバル関係だが、松井に負けたくないところを問われた宮脇は「負けるのが好きな人はいないと思います。勝ちたいと思っています。比べられることも多いので、お互い切磋琢磨しながら頑張りたいと思います。私の戦い方で熱さをアピールしたいです」。松井は「AKB48グループを愛する気持ちとプロレスを愛する気持ちは誰にも負けないと思います」とアピールした。