小栗有以、久保玲音「東京オリンピック時にAKB48の顔に」期待の公演
AKB48劇場にて、光文社の青木宏行氏がプロデュースする【あおきー「世界は夢に満ちている」公演】がスタートした。 これまで多くの著名人が公演をプロデュースしてきたAKB48だが、AKB48関連の書籍や雑誌を多く発売する青木氏のプロデュースということで、スタート前からファンの間でも大きな話題になっていた。 出演メンバーは、谷口めぐ、樋渡結依、市川愛美、湯本亜美、後藤萌咲、達家真姫宝、福岡聖菜、村山彩希、小栗有以、長久玲奈、久保怜音、西川怜、千葉恵里、田口愛佳、武藤小麟、山内瑞葵。次世代と言われるメンバーを中心の出演で、将来のAKB48を背負っていくメンバーたちでの劇場公演なので、今後にも大きな期待が持てる公演になりそうな予感もする。 記念すべきオープニング曲は第一回のじゃんけん大会で注目を浴びた『チャンスの順番』。『チャイムはLOVE SONG』『RUN RUN RUN』『LOVE修行』と続く。ユニット曲では久保玲音をセンターに迎えて、48グループの楽曲でも1・2を争うほどのカワイイ曲『ウィンブルドンへ連れて行って』を歌い、さらに小栗有以がHKT48の宮脇咲良の『彼女』をソロで歌い、可愛さを存分にアピールした。まさかのチーム8の人気ナンバー1の小栗と人気上昇中である久保が同じ公演で遭遇するなんてビックリである。この2人の共演は、AKB48ファンにとって夢だった組み合わせでもある。その夢をこの公演が叶えてくれた。今公演には、世間的に知名度の高いメンバーの出演は無いが、AKB48の将来、そして夢がたくさん詰まった公演となりそうだ。 終演後の囲み記者会見で公演をプロデュースした青木氏は「メンバーも次世代の子たちばかりなので、彼女たちの夢が詰まった公演にしたかったんです。個人的に『LOVE修行』という曲が大好きで神曲なんです。LOVEって大事じゃないですか。LOVEだけでなく次世代メンバーということもあって、愛があって夢のある曲を選曲しました。タイトルにも「愛」が入っている曲や「夢」を歌った曲などが多く含まれています。愛や夢だけでなく、この世代の反抗期だとか大人の女性にも負けないような曲も入れてみました。、最後の曲『永遠より続くように』を選曲したんですけど、この歌詞では夢を追いかけているだけでなく、今の幸せをかみ締めるような内容になっていて、最後に相応しいと思いました。タイトルは『世界は夢に満ちている』なのですが、この世界というのは、僕的にはAKB48劇場のことなんですよ。劇場にはファンの愛とメンバーの夢でできているという意味で付けたタイトルです」と語った。 16期生も多く参加している今公演だが「これまで16期生が先輩と一緒にやることが無かったので、何人か選んでみました。特に頑張っている山内瑞葵さんに期待しています」とコメント。今回はダブルセンターということで久保玲音と小栗有以が抜擢された。「総選挙でも47位と躍進した久保玲音ちゃんとチーム8で活躍している小栗有以ちゃんを選びました。この2人でチームをまとめて背中で見せて欲しいという願いです。この2人には、3年後の東京オリンピック時にAKB48の顔になっていると思うので、期待も込めています」と答えた。 センターに抜擢された小栗は「今回は久保玲音ちゃんとダブルセンターをやらせてもらうことになりました。実は劇場公演で初めてセンターをやるんです。本当に選ばれたことが嬉しいですけど、センターとしての自分の思いや表現を伝えることに悩みました。とにかく自分の精一杯を出して頑張ります」。久保は「最初はすごく緊張しましたけど、やっていてメンバーと目を合わせたりしていたら緊張もほぐれて楽しめました。」とそれぞれ意気込んだ。※写真(C)AKS