浅草少女歌劇団「ローファーズハイ!!vol.2」公演千秋楽、次回に向け追加キャスト募集
8月4日(金)より浅草九劇にて公演が行なわれた、浅草少女歌劇団「ローファーズハイ!!vol.2」が本日千秋楽を迎えた。同作は、4月に好評を博した初演「ローファーズハイ!!」の第二弾であり、前作より更にレベルアップしたタップパフォーマンス”ローファータップ”や、公演毎に変わる即興芝居が連日話題を呼んだ。 同作は決まった台本が無く、稽古場でメンバー達自身が作品を作り上げていくというスタイルが特徴。”ローファーを履いた女子高校生”という設定の中だけで、メンバーは歌い、踊り、演じる。本日行なわれた千秋楽公演では、アドリブ満載の芝居で会場を笑いの渦で包み込んだかと思いきや、女子高校生ならではの葛藤や友情で涙を誘う場面も。終盤の”ローファータップ”シーンでは、息がぴったり揃った圧巻のパフォーマンスを見せつけ、客席からはスタンディングオベーションが起こった。 公演を鑑賞した観客からは、「今後飛躍してくるであろう逸材がたくさんいて、これからがほんと楽しみ」「前回からタップの力強さや迫力が増し圧倒された」「観るたびにどんどん凄みが増してて、ホントに楽しい舞台!」「感動的なストーリー、元気いっぱいのタップダンス、青春が詰まった舞台」「歌もタップもひと回りパワーアップしてるし、演技もかなりパワーアップしてる」「タップが本当に素晴らしくなっていた!魅せるタップ最高かよ!」等SNSで反響コメントが殺到しており、評判の高さがうかがえる。 期待が集まる次回公演は、早くも今年の12月に決定している。それに先駆け、公式ホームページにて「ローファーズハイ!!」新規キャスト募集がスタート。既存のメンバーと共に稽古に参加し、更にパワーアップした公演をつくりあげていくフレッシュな新規キャストを求めるとのこと。また、若手男性版演劇ユニットの浅草軽演劇集団・ウズイチも始動する。彼らが2018年3月に行なう旗揚げ公演「シャフ」は、人力車の車夫(シャフ)になる為に奮闘する青年たちを描く、物語劇作家・横山拓也による書き下ろし公演。レプロ所属の若手男性タレントと共に作品をつくりあげる「シャフ」キャストオーディションも、「ローファーズハイ!!」と同じく公式HPにてエントリー開始となる。  浅草九劇にて次回12月公演が行なわれる「ローファーズハイ!!」そして、3月に旗揚げ公演が行なわれる「シャフ」。ここから新たなスターが生まれることに期待しつつ、ますます浅草九劇から目が離せない。