伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」が発売31年目で初の公式グッズ
1986年に発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト「たけしの挑戦状」が、スマートフォン・タブレット向けアプリ「たけしの挑戦状」に新要素「あめりか」ステージ、「ひんたぼ語検定」を追加し、8月15日(火)に840円(税込)で配信開始される。さらに、ゲーム配信開始を記念して初となる公式グッズ、Tシャツ・マイクロファイバータオルを今秋発売されることが発表された。 発売から31年目にして初となる公式グッズを発売。この企画は懐かしのゲームタイトルをスマートフォンアプリとしてリバイバルするブランド「TAITO CLASSICS」(タイトー クラシックス)での「たけしの挑戦状」配信を記念したものとなる。 Tシャツは「社長室」「スナックあぜみち」など、ゲーム内のさまざまな場面を配置したデザインとなり、マイクロファイバータオルにはゲームオーバー時の有名過ぎるグラフィックを採用している。 さらに、今作では、新成田空港から「あめりか」ステージへ旅立てるようになり、「あめりか」ではブロードウェイや、多くのセレブや有名人が住む(?)タワーなど「あめりか」らしい場所が登場。タワーの最上階まで上ると有名人に出会えるとの告知もされている。 (C)TAITO CORPORATION/ビートたけし 1986, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.