ファビュラスな姉妹も参戦、コミケ92開幕
今夏のコミケことコミックマーケット92。心配された天候も見事回復となったのは、ひょっとすると昨今のコミケに吹き荒れる“ファビュラス&マーベラス”な台風のおかげかもしれない。 もちろんこの台風の目にいるのは叶姉妹。初のサークル出展ながらもいきなり壁サークルという臨戦態勢が敷かれたこの超目玉サークル「ファビュラス叶組 プレシャスM組」には、開始早々に2000人規模という長蛇の列が出来、あっという間に3000セットの用意があったグッズが完売となってしまったのだ。 この騒動にはTwitter上で完売前に完売のフェイクニュースが出され、ヤフオクには即決価格100万円の転売出品が確認されるなど混沌とした状況に。しかし、叶姉妹サークルでは一人ひとりに笑顔でネームカードが手渡して頂ける極上の顧客対応だけでなく、転売対策もバッチリとなされることに。なんと購入できなかったグッドルッキングガイたちのために、同品が購入できるよう特設受注販売LINEアカウントの存在を掲示し売り場サークルを後にしたのだ。 この叶姉妹台風一過は会場に詰めかけたコスプレイヤーの間でも大きな議題となっているようで、「叶姉妹見た?」「見た!」と抱き合うレイヤーや、カメラマンを少々待機させながらも叶姉妹談義に花を咲かせるレイヤーたちの姿も印象的だった。 以前には煮詰まるほどに濃密な趣味の世界といった空気感が漂っていたコミケだが、ここにファビュラス&マーベラスな異次元の清涼剤として爽やか過ぎる風を送り込んだ叶姉妹。その功績のためかファビュラスな空気感をまとうコスプレイヤーが多数見受けられたように感じるのは単なる気の所為だろうか!?