乃木坂46三期生 先輩メンバー強力応援に安堵の笑顔
8月4日から3日間に渡って開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」、最終日となった6日は開幕から晴天となり、真夏の日差しが降り注ぎ、灼けつく太陽がジリジリと肌を刺す。200組を超えるアイドルが参加し、それぞれのステージでそれはアツいパフォーマンスを見せてきたが、メインステージ「HOT STAGE」での大トリを飾ったのは乃木坂46三期生12名だ。 乃木坂46の胸高鳴るovertureのあと、暗転のステージにメンバーが位置に付く。パッとスポットが当たった瞬間流れたイントロは『命は美しい』。会場はどよめきと声援が入り交じり、異様な熱気に包まれた。そしてライブでは大いに盛り上がる鉄板曲『制服のマネキン』で会場は熱狂の坩堝に。 伊藤理々杏が「TIFに初参戦と言う事で、もうガチガチで(話すこと)いろいろ考えてたんですけど、8割くらいぶっ飛んじゃいました(笑)。でもみなさんを楽しませるために頑張りますので、付いて来てください!」と煽ると、最新シングル『逃げ水』収録の3期生楽曲『未来の答え』を熱唱。つづく乃木坂46のサマーソング『裸足でSummer』で、会場では推しメンのタオルが乱舞、さらにこれも定番サマーソング『夏のFree&Easy』、さらに3rd『生まれてから初めて見た夢』から『思い出ファースト』を披露したところで、「3期生のみんな応援に駆け付けたよー!!」の掛け声とともに、乃木坂46先輩メンバーがステージに駆け込み『ガールズルール』のイントロが流れると、会場は絶叫の狂喜乱舞。キャプテン桜井玲香が「すっごい盛り上がてますねー!」と笑顔。先輩メンバーは「お台場みんなの夢大陸」のテーマソングとなっている、秋元真夏&松村沙友理がセンターの楽曲『ひと夏の長さより…』を披露。松村は曲紹介の時、緊張のあまりアクセントが”もろ関西弁”となっていた。 先輩メンバーの応援に”ほっと”緩んだ笑顔を見せた3期生は、最後に「盛り上がって行きましょー!」と、初めての3期生オリジナル曲『三番目の風』を力強く歌い上げた。昨年9月のお披露目からわずか1年足らず、200超のアイドルのトリを飾った乃木坂46三期生がこれから吹かせる風は、歌詞の通り”最大風速”を記録する、今日のTIFはきっかけとなるステージのひとつに刻まれた。