アップアップガールズ(仮)7人体制最後の夏「絶対大切にします」
日本最大級のアイドルの祭典TOKYO IDOL FESTIVAL 2017が4日開幕。6日までアイドル達がお台場をジャックするが「HEAT GARAGE」には今年で6回目の参加となるアップアップガールズ(仮)が登場した。 「(仮)TIF始まりましたあ!!」の絶叫の後、メンバー自己紹介のovertureで会場はヒートアップ。1曲目は『イチバンガールズ!』『マーブルヒーロー』『チョッパー』の3曲を畳み掛け、煽りに煽りまくる”アプガスタイル”で息も着かせぬ怒涛のパフォーマンス。 メンバー関根梓は「TIFはたくさんのオタのみなさんに会えるから、普段見られない人いもいて、こういう応援の仕方もあるんだって”新種”を見つけることが出来るし(笑)、いつもお世話になっているこの”TIF”も7人で過ぎのは最後となるのですが、このステージを噛みしめて、そしてアップアップガールズ(仮)の未来がもっと輝かしいものになるように。みなさんもこの3日間、そしてこれから始まる夏に向けていい感じに仕上がって行きましょう!」とメッセージを贈った。すると森咲樹は「筋肉結構仕上がって来たから」と力瘤を見せ、会場とメンバーを沸かせた。ラスト曲は7人最後となるオリジナル曲『Way of Our Life』を全力で披露。卒業を控えた、仙石みなみ、佐藤綾乃もしっかりと最後のTIFの舞台を踏みしめた。 新井愛瞳は「7人体制ラストの夏、絶対大切な夏にしまーす!!」と絶叫しステージを後にした。