ももクロ佐々木彩夏TIFトップバッター 一瞬で”あーりんワールド”に
日本最大級のアイドルの祭典TOKYO IDOL FESTIVAL 2017。 指原莉乃の開会宣言を合図に、大音量のOvertureが鳴り響く。記念すべき初日のオープニングを飾るのは“ももクロのアイドル”ももいろクローバーZの佐々木彩夏。 昨年に引き続き、大役を担うことに。彼女を一目見ようと、SMILE GURDENはピンク色のシャツを身にまとったファンたちで埋め尽くされる。全身ピンクの衣装で勢いよく登場する佐々木。名刺代わりとも言える『だって あーりんなんだもーん』で幕を開ける。これぞザ・アイドル!な歌とダンスで一気に会場をあーりん色に染める。MCではおなじみの自己紹介。「あーりんのほっぺはぴちっぴち♪」のフレーズで会場中が大合唱、歌に喋りにと全てで心をつかむ。 間髪いれずに場内を煽り始める佐々木、特大の「あーりん!」コールを巻き起こすと『あーりんはあーりん♡』が始まる。めまぐるしく転調するサウンド、演劇要素を多分に含んだこの一曲は、この1年でももクロの舞台演出にも携わるようになった彼女のアイドルとしての魅せ方が凝縮されている。コロリコロリと喜怒哀楽を表現していく佐々木、応援を忘れてしばし棒立ちで見入るファンもちらほら。もちろん、途中「力をちょうだい!」と、コール&レスポンスで沸かせることも忘れない。次に控える3b.juniorの面々はもちろん、いぎなり東北産、夢見るアドレセンス……など、数多くのアイドルたちも袖で佐々木のステージをかぶりつくように見ていた。 2曲歌い終え「よかった、雨降らなくて。私、雨女だからドキドキした」と一言。この日お台場を覆う曇り空も、佐々木に味方したようだ。そしてラスト、甲高いサウンドが場内に響くと、「さ~さき!!」のシュプレヒコールがこだまする。「あーりんのこと佐々木って言うな~!」の一言で、『あーりんは反抗期!』が始まる。最大級の盛り上げを生み出す佐々木に呼応するかのように、場内も疲れなど知るかとばかりに手をかかげる。 わずか15分ながら、みごとなステージングで最高のTIFの始まりを告げた佐々木。さすがの一言だ。