比嘉愛未「最上の命医」6年ぶり出演に「よかった、忘れられてない!」
テレビ東京系で2011年1月クールに放送された連続ドラマ「最上の命医」の特別編、ドラマスペシャル「最上の命医 2017」の放送が8月23日(水)夜9時~11時8分に決定。消えそうな小さな生命に極限まで向き合う主人公・小児外科医・西條命役を演じる斎藤工と共演する豪華出演者が決定した。 命が出会う女子中学生・萌絵の、厳格な母親・萩尾一路役には様々な映画やドラマ、ナレーション等で幅広く活躍する大塚寧々。そして、命の恩師である、草刈正雄演じる小児外科医・手塚義富の娘で、視覚障害を持つ手塚里香役には、志田未来。志田は今回、視覚に障害を持つ役柄に初めて挑戦する。 さらに、2011年に放送した連ドラからのキャストも再び集結。命を尊敬し、淡い恋心を抱いていた小児外科医・瀬名マリア役には、この役を再び演じたかったと語る比嘉愛未。そして、連ドラ、昨年放送のスペシャルに続き、斎藤工と共に「最上の命医」シリーズ全作品に出演してきた泉谷しげるの出演が決定した。泉谷しげる演じる神道護は、先天的な心臓疾患を抱えて生まれた命を、神業ともいえる手術で救った、命のいのちの恩人。命が医師として目標に掲げる存在でもある。 また、続編放送を希望する多くの声が寄せられ、斎藤工が感謝の気持ちを表すべく、<西條命/斎藤工>としてメッセージを掲載した、前作の公式掲示板には、その一報を受けて、喜びの声がたくさん届いている。 <出演者コメント> 【萩尾一路役:大塚寧々】 Q、萩尾一路役についての想い A、激動な感じなので、演じていて感情が本当に揺さぶられました。 Q、娘の萌絵役の桃果さんとの共演は A、本当にかわいくて、こんな娘がいたらいいな、と思います。 Q、視聴者の方へメッセージ A、本当に見ていて、どんどんどんどん引き込まれる、心が揺さぶられる良い作品だと思いますので、ぜひご覧ください。 【手塚里香役:志田未来】 Q、手塚里香役を演じてみて A、里香は視覚障害がありながらも、すごく前向きで明るくて、それでいて自立した女性だなと最初に台本を読んだ時に思ったので、どのシーンでも、あまりしおらしくならないように、意識して演じました。 Q、視覚に障害をもつ役は初めてですが、演じる難しさや、役作りについて A、実際に目の見えない女性の方にお会いして、杖の使い方や、普段どんな生活をしているのか実際に見させていただき、お話を聞かせて頂いて、撮影に入る前に勉強させていただいたんですが、実際現場に入って他の役者さんとお芝居すると、普段は目を見て、セリフの言い合い、掛け合いができるのに、今回それが出来ないのがとても不思議な感じで。セリフを言い合っているのに言い合っていないような、今までにない感じがすごく難しいなと思いました。 Q、父親役の草刈さんとの共演シーンはいかがでしたか A、緊張しました。今回初めてご一緒させていただいたのですが、とても緊張しました。先日の撮影の時に、「目の見えないお芝居がすごく上手だね」って言って頂けて、それがすごく自信につながりました。 Q、視聴者の方へのメッセージ A、ただただ命を救うだけでなくて、命との向き合い方だったり、それを通じて家族との絆だったり、愛が描かれた作品だなと思って撮影しました。手塚さん(草刈正雄)と里香との関係性にも注目して観ていただけると嬉しいです。 【瀬名マリア役:比嘉愛未】 Q、連ドラから 6 年ぶりの出演 A、6 年も経ったんだな、と不思議な感じです。思い返すと、ついこの間のことだったような気がするのですけど、私自身も大好きな作品だったので、またこうやって帰ってくることが出来て素直に嬉しかったです。前回のスペシャル(2016 年 2 月 O.A.)の時は出演出来ず、私は忘れられたのではないかとずっと思っていたので(笑)、よかった、忘れられてない!と思ってすごく嬉しかったです。 Q、2011 年の連ドラ以来、命とマリアのその後を観たいという声も。 A、そうですね。マリアは命先生大好きですからね。ずっと、切ない淡い恋心を抱きつつ、最初は尊敬から入って、後半は割と恋心になっていたんですけれど、今回もどうなっているかというと、そこは観てのお楽しみにしていただければ…。「最上の命医」って、恋愛にいききらない、この歯がゆい所がもどかしくて私は好きなので、あの絶妙な距離感がそのまま続けば、素敵だと思うんです。私としては、瀬名が西条先生に憧れるのはすごくわかります。あんな風に優しくて、いざという時に助けてくれる、そんな先生がそばにいたら、誰だって惚れちゃうと思います。 Q、瀬名マリアは前回に比べて成長していますか A、今回、冒頭から、「成長したな」っていうところはあると思うので、そういった成長は見せられると思うのですけれど、瀬名自身の性格、人間性は変わっていないような。私はむしろ変わってほしくないなって。彼女の純粋でまっすぐな部分を残していきたいなと思っていたので。変わらずに、だけど、医者としてのキャリアは積んで、またどこかで帰ってきてくれたらいいなと思います。 Q、命役の斎藤さんとの共演シーンはいかがでしたか A、ずっと笑っていましたね。さすがのムードメーカーだなと。前回もそうでしたが、座長として、無理に俺について来い!ではなくて、みんなを笑いでひとつにしてくれるというか、いい空気感を作ってくださっていたので、今回もそこは安定でしたね。医療ドラマは緊迫するシーンが多く、セリフも難しいものが多いので。でも、カットかかったときは、談笑したりみんなで笑ったり、そういう切り替えが大事なんだなということを今回改めて教えていただいたので、すごく助けていただきました。 Q、視聴者の方へメッセージを A、今回私も台本を読んだ時に、本当に胸にしみました。いろんな医療ドラマがあるんですけれど、難しいオペや技術を競う作品が多い中、今回は、シンプルに、親子の絆といった部分がすごく深く丁寧に描かれています。もちろん命先生の活躍ぶりもすごく素敵なんですけれど、幅広い年齢層、男性女性問わず、心に響くような素敵なお話になっているので、楽しんでいただけると思います。 【神道護役:泉谷しげる】 Q、連ドラ、特番に続いて、全作に出演しているのは主演の斎藤さん以外では泉谷さんだけ。 A、連ドラから、スペシャルいれると 3 本やっていますけど、ありがたいことに、泉谷がこの神道という役をやることで、あいつ(斎藤工)の二枚目がよくでるという。…どういう意味だよ、この野郎と!ま、そういうことです(笑)。 Q、斎藤さんとの息もぴったり A、他の現場でも会ったりしているんでね。最初から彼とは、映画の話ばかりしていて、何を観たこれを観た、あれがどうで、とあいつはよく観ていて。演出に関してはすごい、じとーっと、何を言うわけではなくて注意深く見ているね。むしろ、演技より演出の方が興味あるんじゃないかなって。演技をしようとのめり込むよりは離れている方が自然にできるというか。それをすでに持っている所が彼のいいところではないですかね。…かといって、演技のいろはを話したことはほとんどなくて。「最上の命医」という全体像をとらえて、医療が進んだ国ではあるんだけれど、もっと全体的なこと。たとえば、「小児科はどんどん減っているね」とか。「(小児科医は)出世の道具にならないから、手柄も少ないから」、ということはよく話しましたね。そういう気持ちでやって行かないと。背景がね。こんなに先進国のくせして、こんなに小児科がない国なんて恥ずかしいですね。本当にそう思います。 Q、今回、草刈さんとも共演 A、草刈さん…共演はすごく久しぶりなんですね。懐かしいというか、楽しいというか。草刈さんもやっぱり変なところでブレイクしていたりするんで。写真集かこの野郎!…それもまたいいですね(笑)。過去の人になっていなくて、お互い。その感じが年寄りというか、先輩になっていくやつの大事な務めだよね。それは常に若い奴と一緒にやる、この、はっきりいうと先輩面?先輩面は先輩面なりに、先輩面になった方が若い奴が挑みかかれるからね。本当に、俺は、こういうドラマとか、いろんなエンターテインメントの目の上のたんこぶを狙っているので。「俺がいる限り、お前らはそんなに簡単に抜けられねぇぞ」みたいにしていた方が楽しいかなと。 Q、視聴者の方へのメッセージを A、子供が育ちにくい状況なのかもしれないし…なんていうのかな。そういうことで闘う医療の人たち。あくまでもお子さんのことを考えてやっていらっしゃるんで、自分の生活と向き合って、子供を育てるのがどれだけ大変かかみしめながら、小児科で闘っている人たちにエールを送っていただきたいかな、と。ぜひご覧ください!見ろ!この野郎! <プロデューサーコメント テレビ東京ドラマ制作部 浅野太> 今回は二組の親子がストーリーを大きく引っ張ります。 中学二年生にして妊娠した“14歳の少女”(桃果)と女手ひとつで育てた“シングルマザー”(大塚寧々)。 主人公・西條命の恩師“小児外科医の手塚”(草刈正雄)と視覚障害を持つ“ひとり娘”(志田未来)。 いずれも“ある問題”を抱え、それぞれが葛藤して苦悩するのですが、斎藤工さんが「思いがけず自分の感情があふれてしまった」とコメントした様に、この二組の親子を演じていただいたキャスト陣の迫真の演技こそがまさに今回の最大の見どころであり、観ていただいた皆さんの心を大きく揺さぶることになると思います。頭をガツンと殴られた様な衝撃を受け、その後に優しい涙があふれる…そんな生命をめぐる凛としたクライマックスシーンを実力派のキャストの皆さんが作り上げてくれました。 また、西條命を心で支える旧知のふたり(比嘉愛未、泉谷しげる)も再び登場します。彼らが6年間の時空の中で生き続けている地続き感と、彼らだからこそ言葉にできる命との絆の形を、ぜひお楽しみいただければと思います。世代や性別を問わず、全ての方々の心に届くドラマです。ぜひご覧ください。 (C)テレビ東京