指原莉乃、唯一泣いた仕事は「声優のお仕事」
指原莉乃が、フジテレビの深夜番組として放送しているレギュラー番組「この指と~まれ!」。7月28日放送では、声優アイドルであるi☆Risがゲストとして登場。この番組は、指原莉乃が土田晃之と共にMCをつとめる番組として、アイドルファンにはおなじみの番組となる。 元々ソロでやりたかったと話すメンバーたち。土田からも「ギスギスしたグループなんだね」とツッコミが。声優ファンとアイドルファンの違いとして「アイドルファンの方は自分も声を出してわーって騒ぎたい方が、声優ファンの方はあー神様みたいな」と茜屋日海夏が説明する。 芹澤優は自分大好きナルシストキャラで、指原からも「嫌い」と笑顔で言われてしまう。しかし、マネージャーからのタレコミで「実は自分大好きナルシストというキャラに限界を感じている」と告発され、本人も「若い子多いですし、声優さんも可愛い子多いし雑誌とか見ていると凹みますよね」と急にテンションが下がる。 そんな芹澤優から「指原さんは自分のこと一番可愛いとか思いますか?」と質問。指原は「本当に思わないかも」と話すと土田も間髪入れず「でしょうね」とツッコミ。「AKB48もHKT48もレベル高いからだから顔じゃないところで頑張っていこうってたどり着いたところがここだった」と話した。 茜屋日海夏は、「指原さん大好きなんですよ」と話しメンバーからも「総選挙中もずっと指原さん1位になって欲しいって言ってた」と本気のファンであることを明かされる。そして、声優になって得したことについて、その仕事の難しさから「どっちにも還元できるメリットがあって」と声優としての技術の習得を喜ぶ。指原も「大人になって仕事で泣くこと無いんですけど、唯一泣いたのが声優のお仕事した時で。だから皆さん本当に尊敬します」と話した。さらに「わたし、モーニング娘。さん大好きで、指原さんと一対一で話したいくらい」とコメントに指原は大喜び。指原も「無駄な話しなければよかった」と大爆笑を誘った。