宇多田ヒカル 全編本人によるダンスで構成されたMVを公開
レーベル移籍第一弾楽曲『大空で抱きしめて』(「サントリー天然水」CMソング)が、配信されるやいなや、国内外の配信チャートで上位を席巻し、話題となっている宇多田ヒカル。はやくもレーベル移籍第二弾楽曲でもあり、TBS系 日曜劇場「ごめん、愛してる」主題歌でも注目を浴びている楽曲『Forevermore』が配信スタート。また同楽曲のミュージックビデオも公開された。 本ビデオは今年の6月ロンドンで撮影され、監督は、Samphaの『(No One Knows Me) Like The Piano』のMUSIC VIDEOなどを手掛けてきた新進気鋭のクリエイターJamie-James Medina (ジェイミー・ジェームス・メディナ)が担当、全編にわたり宇多田ヒカルによる生命力あふれるコンテンポラリーダンスがフィーチャーされたミュージックビデオが制作された。いままでも『traveling』『Passion』『Keep Tryin’』『Goodbye Happiness』など一部ダンスを取り入れたビデオはありましたが、ここまで全編本人によるダンスで構成されたビデオは、宇多田ヒカル史上初のこと。 また、このビデオの振付を担当したのはAtoms For Peace『Ingenue』のミュージックビデオで、Radioheadのトム・ヨークとの共演を果たし、世界的な話題となったロンドン在住の振付師Fukiko Takase。宇多田ヒカル本人も何日間にもわたる綿密なダンスリハーサルを経て撮影に臨んだ。 本作品に関して、宇多田ヒカルは撮影直後のインタビューで「昨年アルバム『Fantôme』を発売して、音楽がより肉感的になったという評価もされていたので私も(今、作っている音楽は)で肉体や体温を感じる音楽になってきたなーと思っていたので、この『Forevermore』を体で表現するっていうのはいいなと思って、制作に臨みました」とコメント。 現在WEB上でもミュージックビデオの一部が公開されている。