三浦祐太朗 ワンマンライブで歌声に涙するファンが続出
実の母の山口百恵の数ある名曲を集めたカバーアルバム『I’m HOME』を7月5日にリリースし、オリコンウィークリーランキング(7月17日付け)で7位を記録し好調なセールスを記録している三浦祐太朗。 7月21日に東京は渋谷エッグマンに300人の満員の観客のなかで「HOMESICK」LIVEを開催。チケットは即日SOLD OUT、今回のLIVEでは山口百恵のカバーアルバム『I’m HOME』に収録されている『さよならの向う側』『夢先案内人』他6曲を含む全19曲を披露した。 LIVEでは三浦祐太朗、本人は「ようこそ、いらっしゃいました!母のカヴァーアルバムを発売しましたが反響が凄いです!今日のライブは試行錯誤しながらやってみましたが如何でしたか?今日は集まってくれてありがとう!この後もどんどん唄っていくから付いてきてくださいね!よろしく!!」とコメントして会場に詰め掛けたファンを沸かせた。 また三浦祐太朗の歌声に涙するファンが多数出現。ファンにとって忘れられない1日になり、三浦祐太朗自身にとっても忘れられない記憶に残るLIVEとなった。今後の三浦祐太朗の動向に目が離せない。