AKB48柏木由紀、ドッキリリアクションで格の違いを見せる
AKB48グループメンバーが出演するバラエティー番組「AKBINGO!」(日本テレビ)。7月18日放送では、バンコクへ移籍する伊豆田莉奈が「最近の卒業メンバーはバラエティ担当が多かったので」とAKB48内でバラエティ担当がいなくなることを危惧。伊豆田が移籍することで、AKB48でのバラエティ担当が中西智代梨だけとなってしまうという。 市川美織、ニコ生レギュラーでセクシー特集 そこで、「次期バラエティ班No.1」を決めるべく、番組ではドッキリを仕掛けリアクションを検証することになった。 バラエティ担当からは程遠いメンバーも勝手にオーディションを受けさせられる。王道アイドルキャラの向井地美音は、意外にいいリアクションを見せ好評。また、台湾からの留学生である馬嘉伶はこの番組で好評となった「おったまげー」をドッキリながらしっかりと使うなど応用力がありMCウーマンラッシュアワーの村本も大喜び。また、バレバレのビリビリペンにも「リアクションを頑張らないと」と言い聞かせながら、しっかりとドッキリをこなす。 そんな中で、リアクション女王の異名を持つ柏木由紀が満を持して登場。椅子から転げ落ちるなど、テレビ受けする大きなリアクションで、格の違いを見せつける。 場所をスタジオに移しドッキリは続行。ここでも向井地美音がバラエティへの適応能力を見せつける。チーム8吉川七瀬は電気なまずの稚魚を触るという無茶な企画に。魚を触るのも初めてと言うがしっかりとこなしながらも涙。よほど怖かったのか…と思いきや、「初めて魚を触ったのに、こんな思い出ができて」と予想の斜め上をいく感動のコメントをして笑いを誘った。しかし、最後に登場した柏木由紀が、電気なまずでも美味しい所を全て持っていきベテランの力を見せつけた。※写真(C)AKS