Da-iCE花村想太率いるavex納豆部「納豆の日」にコラボ企画第二弾発表
ダンス&ボーカルグループ「Da-iCE」のボーカル花村想太が部長をつとめ、俳優 井澤勇貴、俳優 武子直輝がメンバーのavex納豆部が、7月10日の「納豆の日」を記念して、都内にある茨城県アンテナショップ「茨城マルシェ」にてイベントを行い、茨城マルシェとのコラボ企画第二弾を発表した。 納豆部とは、DJ KOOがKOO長(校長)先生をつとめる「エイベックス・マネジメント学園」の部活動のひとつで、2017年7月4日に開催された「2017年度 納豆クイーン表彰式」で全国納豆協同組合連合会(納豆連)より、「納豆盛上げ大使」に就任したばかり。 イベント中は、それぞれのメニューである「納豆ガパオライス(花村想太考案)」、「納豆冷やしそば(井澤勇貴考案)」、「納豆ワッフル(武子直輝考案)」のおすすめポイントを説明しながら、3人で試食。それぞれ、以下のようにコメントした。 部長の花村想太は、自身が考案した「納豆ガパオライス」を食べて、「人生で出会った納豆料理の中で1番美味しい!」とコメント。「『納豆』と聞くと苦手な方も多いかもしれないですが、納豆を入れることで、アジアンテイストから和風に変化して、タイ料理が苦手な人も逆に食べやすくなると思います!」とも語り、茨城県産銘柄「ローズポーク」や茨城県産の「夏野菜」がふんだんに使用された一品に大満足の表情を浮かべた。 井澤勇貴は、前回のコラボメニュー第一弾に引き続き、自身も大のお気に入りだという茨城県のブランド品種「常陸秋そば」を使用した「納豆冷やしそば」を考案。「納豆・オクラ・めかぶ」と「常陸秋そば」のコンビーネションに舌を唸らせると、「夏メニューということを特に意識しました!まさに夏にはぴったりの一品です!」とコメント。次に試食をした武子直輝は、おそばの爽やかさにつられ「夏の風が感じられた」とコメントし、会場を笑いにつつんだ。 そんな武子直輝が考案したのは、前回のコラボメニュー第一弾で「納豆パフェ」というスイーツが大好評だったことにちなんで、今回もスイーツである「納豆ワッフル」を考案。今回は、納豆が練りこまれたワッフルをメインで使用し、かなり絶品とのこと。糸引きの少ない「豆乃香」で作ったバターは、納豆とは思えないほどの味わい!「ワッフル、バター、生クリーム、干し芋チップス、チョコ納豆を全部一緒に食べるのがおすすめ!想像以上に美味しいですよ」とコメントした。 なお、イベント後は、SNS上で生配信を行い、納豆部Twitterアカウントをフォローしてくれている全国の18,000人を超える「SNS部員」のために、茨城マルシェとのコラボ企画第二弾を自分たちのことばで、直接伝えた。茨城マルシェとのコラボメニューが食べられるのは、2017年7月31日まで。納豆好きがオススメする絶品納豆コラボメニューをぜひこの機会に堪能してほしい。