乃木坂46松村沙友理、吉本新喜劇のスゴさを痛感
吉本新喜劇の座長、内場勝則主演の舞台「FILL-IN(フィル・イン)~娘のバンドに親が出る~」が、7月13日(木)~23日(日)東京・紀伊國屋ホールで開演となる。 この舞台は演出家、劇作家、俳優として多才ぶりを発揮する、後藤ひろひと(「パコと魔法の絵本」原作」)の作・演出で、東京での7年ぶりの新作公演となる。内場がある出来事をきっかけにガールズバンドのドラム担当になるというコメディストーリー。ガールズバンドのギター担当に相楽樹、ベースに乃木坂46の松村沙友理、キーボードを千菅春香が担当する。会見には後藤をはじめ、主演の内場、相楽、松村、千菅、そして吉本新喜劇の重鎮、池乃めだかが一堂に会した。 松村沙友理は「色々な人が集まった舞台で、お稽古もスゴく楽しくて化学反応が起きた感じでいいなと思いました。初挑戦が詰まった舞台で、お客さんに早く観ていただきたいと思います」と話した。 また、印象的だった稽古を松村は「池乃めだかさんが毎回違うことをするんですけど、内場さんがちゃんと返しているのがスゴいなと思いました…」と話すと、「おっちゃんそれが仕事やねん」とツッコミが入った。吉本新喜劇のスゴさを肌で感じたようだ。 今回、乃木坂46からも伊藤かりん、秋元真夏が「日替わりゲスト」として出演する。