MAG!C☆PRINCE、初の東京ワンマンで父親からの手紙に号泣
MAG!C☆PRINCE初の名・東Zeppツアー「本気☆LIVE Vol.4」が開催された。Zepp NAGOYA公演は6月17日に開催し、7月8日、ZeppTOKYOにて初の東京ワンマンライブを開催。 ライブでは、5枚目のシングルを10月18日(水)に発売することを発表。初の両A面シングル『YUME no  MELODY / Dreamland』の2曲。『YUME no MELODY』は数々のヒット曲を手掛ける、人気クリエイター・ヒロイズムによる作詞・作曲。MAG!C☆PRINCEの楽曲では、『Compass』『UPDATE』2曲の作詞・作曲を担当しており、ヒロイズム3部作、第3弾となる今作もヒットポテンシャルの高い楽曲となりそうだ。 『Dreamland』はマジプリの3rd Single『Over The Rainbow』を手掛けた渡辺拓也が作詞・作曲。ライブでも初披露され、早くもチアーズのハートを鷲掴み。マジプリの新たな代表曲となりそうだ。メンバー西岡健吾は「本当に良い曲。この良い曲に自分たちが追いつかなきゃ。」と語った。 ライブ中盤では、5月に九州で結成されたばかりの弟分グループ・九星隊(ナインスターズ)もゲストとして登場し、マジプリとのコラボレーションが実現。結成したばかりとは思えない本格的なダンスパフォーマンスを見せつけ、会場は大いに盛りあげた。 九星隊(ナインスターズ)のリーダー山口託矢は「九州が大変なことになっているので、Zepp TOKYOのパワーを九州に持ち帰りたい」と力強く語り、マジプリのリーダー平野泰新は「マジプリメンバー、ナイスタメンバーで真剣に話し合い、少しでも九州の力になれればと、今、僕達にできることを考えました。」と、今回のライブのチケットとグッズの売り上げの一部を九州豪雨被害への義捐金として寄付することを発表すると、会場からはあたたかい拍手が起こった。 ライブ後半では、7月4日に22歳の誕生日を迎えたメンバー大城光の生誕祭が行われ、巨大なバースデーケーキが登場し、2000人のチアーズ(マジプリファンの呼称)がハッピーバースデーを歌って祝福。サプライズで先輩グループD-BOYSの荒木宏文が登場し、大城光の父親からの手紙を代読するコーナーでは、父親曰く、頑固で負けず嫌いの息子に対して「これからが頑張りどころ、自分らしさを思う存分発揮してくれ。」と、手紙でエールが送られると、「父からの手紙をもらったのが初めて」と大城光は驚き、「夢を追うことで親に迷惑をかけたけど、お父さんのおかげで今があると思う。」と号泣しながら語った。 最後は鳴り止まないアンコールの声に応え『Glory World』を全力で歌い上げ、全18曲東京初ワンマンは大成功となった。7月22日から『YUME no MELODY / Dreamland』のリリースイベントを開催。発売週の週末10月22日(日)はメンバー西岡健吾、阿部周平のハタチの誕生日。この日に2人の生誕祭を行うことも発表され、3か月走り抜けるマジプリの夏。多くのチアーズが集まることが期待される。 【大城光コメント】 「初めての東京でのワンマンライブで、こんなにも多くのチアーズの皆様に誕生日を祝っていただいて、本当に嬉しくそして幸せです!リーダーの泰新君と同じ22歳ということでグループの年長組として、メンバーやチアーズの皆様を自分らしく引っ張っていって、次のシングルでは、前回のオリコン2位を上回る結果を目指し全力を尽くしていきたいと思います!1位を頂くことができたときはマジプリ、チアーズの皆様、スタッフさん、全ての方々のおかげだと思いますので皆様と一緒にお祝いしあいたいです!」