桑田佳祐「Mステ」で今年初のテレビ出演 新作2曲を地上波初披露
ソロ活動30年を迎える桑田佳祐が未だほとばしる衝動を抑えきれずに炸裂させ完成させた最新オリジナルアルバム『がらくた』(8月23日発売)から、NHK 連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌としてお茶の間で人気を博している『若い広場』を7月21日(金)に先行配信リリースすることが決定。さらに同日、テレビ朝日系「MUSIC STATION」に出演が決定した。    桑田佳祐渾身のニューアルバム『がらくた』が8月23日に発売されることが発表され、音楽ファンからの喜びの声とともに話題になっている。桑田のソロ名義オリジナルアルバムとしては2011年2月23日に発売された『MUSICMAN』以来、約6年ぶりとなる。2013年3月13日に発売されたシングル曲『Yin Yang(イヤン)』から、昨年発売のシングル曲『ヨシ子さん』『君への手紙』、さらには上記の『若い広場』『オアシスと果樹園』まで全15曲収録のフルボリュームアルバム。 一気に公開されたアルバム情報にファンからは発売を待ちきれない期待の声が多く上がっている中、アルバムリリースに先駆けて7月21日(金)から『若い広場』が主要配信サイトで先行配信されることが発表された。iTunesでは、アルバム『がらくた』の予約注文も実施中で、7月21日からはアルバムを予約しても「若い広場」が先行でダウンロードできるようになる。桑田のレギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」を除いては、まだ世間ではフルコーラスで流れたことがなく、ファンはもちろんの事NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の視聴者からも音源化が待望されていただけにドラマの盛り上がりと共に話題になること必至だ・ さらに『若い広場』の先行配信リリース日と同じ7月21日(金)に、20:00から放送のテレビ朝日系「MUSIC STATION」に桑田佳祐の出演が決定。『若い広場』とJTBのCMでオンエアされている『オアシスと果樹園』のアルバム収録曲2曲をどこよりも早く地上波初披露する。高度経済成長期の日本の空気感を凝縮したかのようなあたたかなポップス『若い広場』と、アップテンポなリズムに夏の高揚感を煽るような桑田佳祐の真骨頂と言うべきナンバー『オアシスと果樹園』という対照的な2曲を、リリース前にして一度に味わえることができる。アルバム発売前にして貴重な番組出演になるので、ぜひともチェックしていただきたい。