岸野里香、自身のバンド初ワンマンで「NMB48をやってきたおかげ」
元NMB48岸野里香がボーカルを務めるバンドOver The Top。メンバーは、元チリヌルヲワカのギター坂本夏樹 、universe のベース永見和也、元the Lamps のドラム田中裕基。7月6日、初となるワンマンライブを渋谷にある「Shibuya WWW X」で開催した。 1stシングル発売から、数々のイベントをこなしバンドとしての完成度も上がってきているOver The Top。元アイドルが…しかも人気の高いNMB48の元メンバーがメインボーカルを務めると聞けば、いわゆる耳障りの良いポップスを思い浮かべるだろうが、Over The Topは骨太なロックサウンドを聞かせ会場を揺らす。 この日はオリジナル楽曲を中心に、相川七瀬『夢見る少女じゃいられない』、Mr.Children『名もなき詩』をカバー。そして、「今でも辛い時に聞いている」と話すNMB48『初めての星』もカバーをした。 岸野は「NMB48を卒業してからこんなに早くステージに戻って来られるなんて思っていなくて本当にびっくりです。OTT(Over The Top)でお披露目ライブをしたときには私の知っている顔がいっぱいで…それが本当に嬉しくて。これも6年間NMB48をやってきたおかげで、本当に頑張ってきてよかったなと思いました。この6年間がなかったら、最高のメンバーに、最高のスタッフに出会えなかったです」とコメント。また現在のNMB48に関しても「若い可愛い子たちがみんな頑張って、私もNMB48に刺激をもらいたいし、私もNMB48に刺激を与えたい」と話した。 ライブは、予定になかったアンコール2曲を含める14曲を披露。 目指すは日本武道館、「NMB48を卒業して次はOTTとして「てっぺん」取りに行くのでみんな応援してね!たのんます!!」とコメント。また、リリース予定の新曲『ビバ無我夢中』が、テレビ埼玉の高校野球ダイジェストのテーマ曲に決定しました」と嬉しいサプライズ発表が。 岸野は「OTTの夢は武道館に行くことです。みんなで武道館に行きたいと思っています!」と決意表明。Over The Topの「てっぺん」への第一歩は、この日踏み出された。これからの活躍に期待したい。(Photo Yuto Fukada)