スピッツ、全国ツアーで「四捨五入すると静岡のバンド」
今年バンド結成30周年を迎えたスピッツの全国ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』が1日、静岡県・静岡エコパアリーナで開幕した。7月5日にはシングルコレクションアルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』が発売されるという事で、何を演奏してくれるのか、30周年について何をしゃべってくれるのか、そしてツアー初日という事で、開演前の客席は、そんなワクワク感と少しの緊張感が入り混じった空気に包まれていた。 そんな中、開演時間の18時を少し過ぎた頃「スピッツがデビューしてからこれまで静岡県で20回ライヴを行い、21回目の今回は、記念すべき初エコパアリーナ公演です。楽しみましょう!」というアナウンスが入ると、大きな拍手が沸き起こり、期待が膨らむ。 そして客電が落ちた瞬間、歓声が上がり、総立ちになった客席はメンバーの登場を大きな拍手で迎え、アニバーサリーツアーの幕はいよいよ切って落とされた。注目のセットリストは、これからライヴに行くファンのためにも、その全貌を明かすのは控えるが、一部だけ紹介したい。疾走感ある瑞々しいロックナンバーの、記念すべきデビューシングル『ヒバリのこころ』、シングルコレクションに収録されている「めざましテレビ」のテーマソングとしておなじみの『へビーメロウ』や、草野がこの日唯一曲名を紹介し歌った、名曲『ロビンソン』。そして2004年の作品で、今年前半SUBARU「フォレスター」のCMソングに起用された事も記憶に新しい『スターゲイザー』、打ち込みのリズムと、草野がかき鳴らすアコギのコントラスト方が印象的な『運命の人』など、新旧を織り交ぜ、緩急を付け約20曲を披露した。胸を躍らせ、時には優しく歌に寄り添う三輪テツヤのギター、甘酸っぱいメロディを歌い、どんな曲にも切なさを纏わせる草野マサムネの声、雄弁かつ豪快なサウンドで、スピッツの音を支える﨑山龍男のドラムと田村明浩のベースのリズム隊。その強固でしなやかなバンドアンサンブルで、全員の心を鷲掴みにしていた。幅広い年齢層のファンが集まった客席は、腕を突き上げ盛り上がったり、時には体を揺らしながら歌に包まれたり、また座って目をつむって、まるで何かの思い出と共に愛おしそうに聴いているかような、そんな思い思いの楽しみ方で、4人が奏でる、誰もが口ずさめる名曲の数々を堪能していた。 メンバーの三輪と田村が、共に静岡県出身の幼馴染という事で、草野が「このバンドは四捨五入すると静岡のバンドです」と言うと大きな拍手がステージに向けられた。“息の合ったゆるい”MCもスピッツのライヴの魅力のひとつだ。30年前の7月に初めてライヴをしたスピッツ。この日は30年という言葉がメンバーの口から何度も出て、感慨深そうに時間を遡っていたが、「まだまだ通過点。これからもおもろい曲、不思議な曲をたくさん作るので期待してて」という草野の言葉通り、常に新鮮さを追求し、音楽を楽しむ4人の姿を見せ、音楽で意思表示をする場が、今回のツアーだ。全国11か所・22公演行われるこの30周年記念ツアーで、スピッツの4人は、祝福の気持ちを抱え駆けつけてくれるファンに、“希望”をお返しとして渡しながら、ファイナルの宮城まで、夏の日本を走り続ける。(photo by 内藤順司/文・田中久勝)