指原莉乃を「先生」と呼ぶ意外なアイドルとは
指原莉乃が、フジテレビの深夜番組として放送している新レギュラー番組「この指と~まれ!」。 6月30日放送では、ベイビーレイズJAPANが登場した。2012年に結成した5人組アイドルグループとなる。昨年末に放送されたこの番組の特別放送では、メンバーの高見奈央が足臭キャラだと言うことになったのだが、最近は足があまり臭く無くなってきたことで臭いスニーカーを持ち歩いているとメンバーにバラされる。本人曰く、「キャラがほしい」とのこと。 そんな高見は指原に憧れているといい、指原を「先生」と呼んでいるんだとか。すると指原は「絶対に嘘だ、便乗しようとしているだけ」と疑惑の目を向ける。しかし、指原の出演番組は全て見て、勉強用のノートまで付け指原の言った一語一句をメモしているんだとか。これには「恥ずかしい」と話す指原、高見は「HKT48さんを卒業しないのも賢い判断で、アイドルというハードルを下げたうえで世間に出ているわけですよ」と分析する。 真面目過ぎる林愛夏はテレビをEテレしか見ないと話し、芸人は殆ど知らないという。ブルゾンちえみも皆が知っているキャラとは違い笑いが起きる。また、本当の反抗期だった頃、渡邊璃生が高見に対して飛び蹴りや無視をするなどし本気で高見を悩ませていたと暴露されると「暴行は働いていないと思うんですけど」とアッケラカンと話す。他のメンバーも「本当にギスギスしていたので笑ってなごませていた」と困っていたようだ。 指原は、この番組も一緒に出演するHKT48矢吹奈子と一時期話せなかったと告白するが矢吹が「でも、もう終わってるもん」とキレ気味。元々は指原のファンでHKT48に入った矢吹だが「いつからか私が好きみたいな」関係になってしまったとか。 グラビアをやりたいという高見、指原にアドバイスを求めるも「一発スキャンダルを起こせば生々しくなる」ととんでもないアドバイスを。高見も「スキャンダルしてから増えてきました?グラビア」と単刀直入に聞けば指原は「スキャンダルをしてからめちゃめちゃ生々しいシチュエーションが増えた。急に畳で水着みたいな」と話し笑いが起きた。