指原莉乃 総選挙出馬の背中を押したのは香取慎吾だった
「ワイドナショー」(フジテレビ)の25日放送で、元SMAP5名の今後の進路についての報道を取り上げ、木村拓哉、中居正広は事務所に残留、稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛は9月をもってジャニーズ事務所を退所、独立することを伝えた。 その件について指原莉乃が「実は昨日香取さんと1日ロケでして、いつもと変わらず楽しいロケでした。」と話すと、「私(個人の)話になっちゃうんですが…」と続けて「実は今年の総選挙の出馬を決めたのは、香取さんの助言なんです。」と告白。 「以前のロケで”今年は(総選挙)出ない感じでいるんです”ってお話したら、ファンも子もきっと3連覇して殿堂入りという形で退くのを一番望んでいると思うから絶対出た方が良いよ。ファンの為に動いた方が良いよ。と言ってくださって決めたんです。」と語ると、すかさず松本人志から「おれも言ったやん。おれ言うたよ。」と指摘が。指原は涼しい顔で「そういう事にもしておきます。」とあしらった。 昨日のロケでも「放送観てたよって言ってくれて、”良かったね。これからはファンの事を考えてゆっくり活動できる。長くアイドル出来るね。”」と言われたという。香取の気遣いとアドバイスにスタジオメンバーも感心していた。