新垣結衣「GINGER」100号表紙、29歳のありのままを語る
通巻100号目となる「GINGER」(幻冬舎)8月号は「裸になれる女」を特集。表紙を飾るのは女優・新垣結衣。ロングインタビューで29歳の今の「ありのまま」を語る。 他にも、クリス-ウェブ佳子や桐谷美玲の「嘘をつけない服」、泉里香や橋本マナミが魅せる「女が惚れる女のカラダ」、映画『忍びの国』に出演の嵐メンバー・大野智と女優の石原さとみが語る「“自然体”の理由」など、アラサー世代がお手本にしたい人たちが多数登場する。 余計なものは脱ぎ捨てて、ありのままの自分に自信を持てる女こそ、真に強く、美しい――そんな理想に共鳴した多数の豪華ゲストが登場し、「裸になれる女」をフィーチャーする本号。注目は初登場の新垣結衣。自然体ななかにも凛としたオーラを感じさせる印象的な表情で、表紙を飾ってくれた。ロングインタビューでは、「私と一緒にいる人が無理をせず、心地よく時間を過ごしてくれることが一番うれしい」「なりたい自分になる努力はしてます。でもそれは見栄を張ることや嘘をつくこととは違う」など、ありのままの自分を生きようとしている29歳の今の想いを率直に語っている。 2017年も半分を終え、次なる半年に向けて気持ちを切り替えるこの時季。イヴルルド遥華による2017年下半期「幸運のつかみ方」には、今日はもちろん未来の幸せをつかむヒントが満載だ。 さらに、読者と美容プロでアラサー世代のベストコスメを決める「2017年上半期GINGER BEAUTY AWARD」の金賞受賞商品も本号で発表!「#nonfilterのきれいを生み出す、美女たちの偏愛コスメ」のテーマのもと、アラサー女子が今よりもっとキラキラと輝き、なりたい女性像に近づくための厳選アイテムが揃う。 他にも、GINGERモデル・山田優の新連載「山田優の SENSE UP LIFE!」や、映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』に出演の女優・夏帆、無料で読めるスマホマガジン『GINGER mirror』の表紙に登場する広瀬アリスのインタビューなど、注目情報満載でお届けする。 <商品情報> 誌名:GINGER(月刊ジンジャー)8月号 発売日:6月23日(金)発売 価格:特別定価720円(税込) 発行:株式会社幻冬舎