Chara くるり岸田繁と共鳴コラボ「この曲は絶対岸田くんに」
ニューアルバム『Sympathy』(読み:シンパシー)を7月19日にリリースするChara。本作にくるりの岸田繁が参加する事がわかった。完成した楽曲は『Tiny Dancer』。歌詞をCharaが、作曲&サウンドプロデュースを岸田が手掛けている。 『Tiny Dancer』 は、2年程前からCharaが大事に温めてきたテーマで、「この曲は絶対岸田くんにお願いしたらいい」と閃き、Chara自らがオファー。それに応える形で、岸田の手によってようやく曲が完成した。 この楽曲に関してCharaは「とにかく、私の夢のひとつである「歌詞からメロディーを作る作業」 それの、歌詞をほとんど崩さずに活かされた形で作ってもらって、嬉しかったです。尊敬するミュージシャンは?と聞かれたら、岸田君かなーと言うと思いますね。」と話し、岸田は「素敵な音楽家である彼女は優れたプロデューサーであり、凄く才能のあるアーティスト、そして、とても歌の上手い人だと思いました。人となりも、愛溢れる素敵な方です。一緒に少しの時間過ごすだけで、木漏れ日を浴びるように程よく元気を貰えるような、不思議なセッションでした。またご一緒させてくださいね。」と話している。 本日よりChara Official YouTube Channelでは、二人のレコーディング風景を収めたトレーラーを公開。和気あいあいとした雰囲気の中作られた『Tiny Dancer』 をいち早く視聴する事が出来る。 また、合わせて、作家としても活動する、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)が楽曲『Herbie』で作詞曲&サウンドプロデュースで参加したことが発表された。ケンモチヒデフミは楽曲に関して「今回楽曲を作るにあたってイメージしたのは、「Charaの夏ソング」。それもハイテンションの陽気なノリではなく、落ち着いたオトナの夏ソング。ゆったりのれて、まったり浸れるダンスチューン。そこにチャラさんからリクエストであった「ポンポンした音」をちりばめて、弾むような柔らかな曲を作りました。」とコメントを寄せている。 『Sympathy』(シンパシー)というタイトル通り、Charaと共感、共鳴した、ゲストを多数迎え、Charaの音楽性を象徴するようなジャンルレスな内容のこの作品、注目だ。 <Chara コメント> (岸田繁へのメッセージ) あれはなんの打ち上げだったかなー 大阪のイベントで、岸田君と一緒になって、打ちあがっていた所で音楽の話とかしてたら、以前に歌詞が先にあって、それにメロディーつける仕事をした話を聞いたんだよね。へぇ~と思って胸に刻んであったんだろうね。 帰京してから、ふとこの曲のメロディーを作ってたら、なんとなく「あら、これ岸田君っぽい感じあるなー」と勝手に思って。っぽいならば、本人にお願いしてみようと思って、歌詞をいきなり、LINEに送ったんだけど全く返事が来なくて、忙しいんだなー。って思ってたら、私がLINEの名前をCharaにしてなかったから分からなかったみたいでした。そんな事もあり、やっと、やってみよー!となって、家のスタジオに来てくれたんだけど、4つくらいメロディー作って来てくれてて!!選べたんだよね!一緒にやる前は、気難しそうなイメージとかあったけど、そんなのはなくて。イベントの時に、会場で彼の弾くエレキの音を聴いたらいい音してたんだよね、MCも人柄がでてて。 今回、岸田君という才能のある人をちゃんと知る事ができる事ができてよかったなと思っていて、音のこだわりや向き合い方、そんなに私と離れた村に住んでないミュージシャンだなと勝手に感じたのは私だけなのかな?ww とにかく、私の夢のひとつである「歌詞からメロディーを作る作業」それの、歌詞をほとんど崩さずに活かされた形で作ってもらって、嬉しかったです。尊敬するミュージシャンは?と聞かれたら、岸田君かなーと言うと思いますね。 ところで、このアコギ7カポであってましたっけ?今度教えて欲しいんですけどー そうそう!岸田君、歌が上手くて。イメージではそうじゃない人だと思ってたから(すいません!あじが多い人?)ハーモニーのやつとか、一発でトントントンって録音していっちゃうから、すげーーって思ったんだよね!人のだとできんのかなー?笑 (ケンモチヒデフミへのメッセージ) 初めは、私がエアロビクスを時々やるので、その時に似合うテンポで作りたいなと思ってたけど、それより透明感のある音になったと思う。繊細な感じ? ケンモチ君、家にチャリで来てくれて、リュックには、彼の全財産とも言えるノート型パソコンが入っておりこれ1つで作っているというのにも感心したけど、びっくりしたのは、機材部屋で音作りをした際「めちゃめちゃちっさい音量だ!!こんな大きさでいつも作業しているのか!?」という事でした。家ではラジオとか聴きながらプログラミングしたりしてるらしい。 歌詞を共作したんだけど、ケンモチ君の最大限を出して欲しいから、初めは彼から作ってもらって、その後に、その恋愛観は私は歌えないわ~wとか言いながら、「可愛い女の子と海に行きたいですね~」と言ってたので、今回のテーマは、人魚姫っていうことに決めたんだよね。ケンモチ君の人魚姫がこの夏あらわれるといいね! タイトルは、Heart BeatとBarbieちゃんのイメージと、Herbie Hancockの響きから、Harbieちゃん。ケンモチ君の胸の鼓動を高鳴らせる、女の子を呼ぶ歌なんだと思うよ。 でも、失恋した子が夕陽と一体化して、海に浮かんでる感じもするし、万が一、ケンモチ君が失恋しても似合う曲なんだと思う。好きだけど、一緒になれない切なさがあるから。 あとは、小さい時に見た絵本の人魚姫から。それと、オズの魔法使いのドロシーのイメージも出てきて、海の中のドロシーみたいなイメージで作ったので、変わらない純粋なものが感じられる曲になったと思う。ドライブには合うかもしれないな。 <岸田繁 コメント>Charaさんの音楽を初めて聴いたのは確か、土屋公平さんとのコラボ曲だったような気がしてます。幾つかの作品を聴かせていただいていましたが、ロックとソウルと賛美歌がCharaという音楽の部屋の中で、とても居心地良さそうに座っている…そんなイメージを持っていました。お会いしても、そのイメージに狂いはありませんでした。 ただむしろ、素敵な音楽家である彼女は優れたプロデューサーであり、凄く才能のあるアーティスト、そして、とても歌の上手い人だと思いました。人となりも、愛溢れる素敵な方です。一緒に少しの時間過ごすだけで、木漏れ日を浴びるように程よく元気を貰えるような、不思議なセッションでした。またご一緒させてくださいね。 ちなみにギターは7カポです。 <ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ) コメント> 無邪気で自由奔放なのに色気がある、楽しいのにちょっと切ない。相反するいくつもの要素を一つにまとめる個性的な歌声。そんな自分がずっと以前から好きで聴いていた方と一緒に音楽が作れる!、と喜び勇んでママチャリを漕いで伺ったチャラさんのお宅。その時録った仮歌は歌詞がなかったにもかかわらずすでに濃厚なチャラさんの世界観がにじみ出ていて大変感動した覚えがあります。 今回楽曲を作るにあたってイメージしたのは、「Charaの夏ソング」。それもハイテンションの陽気なノリではなく、落ち着いたオトナの夏ソング。ゆったりのれて、まったり浸れるダンスチューン。そこにチャラさんからリクエストであった「ポンポンした音」をちりばめて、弾むような柔らかな曲を作りました。夏、デートで海に向かう途中の車の中で聞くと最高に気持ちいいと思います。(ちなみに私はペーパードライバーですが) この度はこうして楽曲制作で何度かお会いするうちにアーティストとしてのたたずまいやこだわりはもちろん、レコーディングやミックスダウンで気さくに談笑されるチャラさんの楽しくて可愛らしい一面も見ることができまして、誠に至福でございました。 本当に楽しかったです。また宜しくお願い致します。 (写真)笹原清明