AK-69「リバース」主題歌を"勝手に"リミックス、シェネルが賛辞
AK-69が、TBS系 金曜ドラマ「リバース」の主題歌として大ヒットを記録しているシェネルの『Destiny』をビートジャック。「シェネル「Destiny」(AK-69 Remix)」として自身のオフィシャルtwitterを通してリークし、話題となっている。 ドラマ「リバース」の最終回放映後、AK-69は「勝手につくってみたよ。この歌のメロが頭から離れんかったもんでさ。」とtweet。約1分半のRemixを動画再生サイト、YouTubeで公開した。ドラマ最終回とあって注目される中でのこの発信は拡散され、楽曲プロデューサーの松尾潔が早速キャッチ、twitterにて「出た。男前だな…AK-69!自分のプロデュース楽曲がリミックスされてこんなに嬉しいのはいつ以来だろう。」と反応。続いてコンポーザーの川口大輔も「ぬおぉぉぉぉ!自分の作ったトラックとメロディーなのに、新たな作品になってる!AK-69さん、ありがとうございます!」とtweet。 そして当のシェネル(Che’Nelle)は、「Lol wow this is crazy interesting and unexpected wow! Your verse is dope sir thank you @ak69_official I see you! Lol #destiny arigato!!」(ワオ!めちゃくちゃクレイジーでおもしろい!そしてまったく予測もしてなかった!歌詞もドープ、サンキュー、サー!)と敬意をこめて賛辞をtweetした。 ヒップホップ生誕の地、アメリカでのヒップホップ・アーティストのプロモーションは、昨今レーベル主導から、アーティスト自身がSNSを通じて情報解禁・リークをして話題をつくるアーティスト主導のプロモーションへと移り変わっている。AK-69もDef Jam Recordingsのアーティストとして、そのヒップホップマナーに沿った本作の公開となったようだ。今後、期待されるフル・ヴァージョンが公開されるのか否か、気になるところだ。