指原莉乃「AKB48を見捨てないで下さい」スピーチ全文
沖縄で開催されている「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の開票イベント。見事1位に輝いたのは、指原莉乃となった。得票数は246,376票でダントツの数字。史上初となる3連覇、そして4度目の女王の座となる。 指原はファンへの感謝を述べた後、「本当にうれしいです。わたしのいままでのアイドルとしての活動はきっと、総選挙とともにあったと思います。いまこうやってテレビに出ているのも、テレビに出ている自分に少しずつですが自信が出てきたことも、たくさん迷惑をかけてしまった両親に少しずつですが恩返しできていることも、全ては応援してくださっている皆さんが、わたしを1位にしてくれた、そこから始まったと思っています。わたしは、この楽しいことばかりではない総選挙に出会えて…きっとメンバーの中には辛い思いをしているほうが多かったり、悔しい気持ちになっているほうが大きいメンバーも多いと思います。ですが、この総選挙というイベントに出会えそして参加できたことを本当に幸せに思っています。改めて皆さんありがとうございます。そして、重ね重ねにはなってしまいますが、先程横山からもありましたように今回、沖縄でのコンサート、そして開票イベントが中止になってしまったこと、天候のこととはいえ6月に野外でという無茶があったと思います。本当に申し訳ございませんでした。こうやって一つ一つの積み重ねで、皆さんの気持ちが離れていくことがとっても怖いです。いまのAKB、どんどん信頼を失っている気がしてみんなが離れていくのが本当に怖いです。そしていま、大事な仲間が卒業発表して、これからどうなっちゃうんだろうって、本当に不安です。みなさん、どうかこれからもメンバー・スタッフ一丸となってがんばりますのでAKB48を見捨てないで下さい」とスピーチした後、深々と頭を下げた。 そして、「ですが、頼もしいスピーチをしてくれた後輩にこれからはすべてを託して、わたしは迷惑をかけないように後を追っていきたいと思いいます。えー、こんなわたしを、普段はバラエティでアイドルらしからぬ発言をしているわたしを、アイドルにしてくれた指原のファンの皆さん、改めて本当にありがとうございました。」とスピーチを締めた。 そして恒例の「これからもAKBグループ、一緒に作ってくれるかな?」「いいとも!」を披露した。 渡辺麻友には「言葉になりません、ずっと頑張ってくれた麻友ちゃんがいなくなって、どうなるかわからないけど、ドラマをやっている時の麻友ちゃんは本当に楽しそうで、きっとこのまま前に進むんだろうなという前向きな顔をしていたので、麻友の判断を応援したいなって思っています。頑張ってね」と、号泣する渡辺麻友とハグをした。ニコ生で、沖縄現地レポート&テレビ実況 総選挙の話も!大好評のNMB48市川美織にアイドルを学ぶ、今回はアップアップガールズ(2)特集で全員集合!チャンネル放送ではサプライズ発表も?