渡辺麻友、総選挙は「生まれ変わったらやりたくない」
無観客での開票イベントが始まった「AKB48 49thシングル選抜総選挙」。フジテレビでは、「AKB48総選挙直前SP」と題した番組が放送され、指原莉乃と渡辺麻友が二人だけの「最後の総選挙」に関しての対談が行われた。 「二人っきりはないかも…」という今回の対談、いつの間にか仲間意識が強くなったという二人。辛かったことは忘れちゃうという指原。渡辺も「AKB48になりたくて入ったから」と話し、AKB48へ加入してから楽しいことばかりだったと話す。 それぞれの印象は、指原は渡辺を「完璧主義」「プロフェッショナルだと思う」と話し、パフォーマンスしている姿が一番素敵だと話す。渡辺から見た指原は「頭がいい、賢い」「プロデュース能力も高くて尊敬する」と話す。総選挙について、渡辺は「生まれ変わったらやりたくない」とズバリ。指原も「総選挙あるって知ってたらAKB48入ってなかったのにとすら思う」と笑う。そのくらい精神的な不安があるという。 お互いスピーチに関しては「去年の麻友ちゃんの泣けた」と指原が話すと、「でしょ」という渡辺。「AKB48がピンチ」だという名スピーチは、多くのメンバーの心に届いたようだ。写真(C)AKS