柏木由紀が複雑な気持ちコメント、大島優子やたかみなもエールを送る
沖縄でのイベント中止が決まった「AKB48 49thシングル選抜総選挙」。開票は場所を変えて行われること、テレビでの放送も発表された。 今回、不出馬だった柏木由紀も「メンバーの気持ちを思い、自分の立場を考えると、どんな言葉を言うべきかわからなくて、、とりあえず「雨女 治し方」で検索しました、、おはらいだそうです」と公式ツイッターでコメントしている。 OBである大島優子は、過去に自身の卒業ライブとなった2014年3月30日の国立競技場での卒業セレモニー中止を経験している。そんな大島からは、「中止なのね、思い出すわ。 だけど、あの雨から私の人生はまたひとつ色がついたし、何かが変わったから。 これはきっと、何かが変わるチャンスなのかもしれないね」と公式ツイッターでコメント。 また、高橋みなみも「メンバーのみんなのツイートを見ると切なくなる謝らないで、、 ファンの皆さんとメンバーの安全面を考慮すると仕方がないんだけど、 会場のあの熱気と、ある意味の静けさ ファンの皆さんに見守られながらこそ出る言葉があるんだよね、、 でも結果は出る。 見守りますファンとして」とコメントしている。 初となる観客無しでの開票が予定されているが、果たしてどのような結果が待っているのか?写真(C)AKS