家入レオ 福士蒼汰と4度目のタッグ、初めてシンガーに専念
家入レオが7月16日(日)スタートの日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」の主題歌を担当することとなり、5周年イヤー第1弾シングルとして7月26日に発売することが決定した。 「愛してたって、秘密はある。」は、作詞家や放送作家としても活躍する秋元康が、AKB関連以外では約12年ぶりにテレビドラマを手掛ける話題作。主演の福士蒼汰は11年前に父親を殺した秘密を抱える司法修習生を演じ、今回が殺人犯役初挑戦となる。「愛する人の秘密をどこまで許せるか」がテーマとなる愛と秘密渦巻くラブミステリーだ。 家入にとって今作はフジテレビ系ドラマ「カエルの王女さま」主題歌『Shine』(2012年5月リリース2ndシングル)、TBS系ドラマ「確証~警視庁捜査3課」主題歌『Message』(2013年5月リリース4thシングル)、フジテレビ系月9ドラマ「海の上の診療所」主題歌『太陽の女神』(2013年11月リリース5thシングル)、TBS系金曜ドラマ「Nのために」主題歌『Silly』(2014年11月リリース8thシングル)、フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌『君がくれた夏』(2015年8月リリース10thシングル)、日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌『僕たちの未来』(2016年5月11日リリース12thシングル)に続く、早くも7作目を数えるドラマ主題歌。 更に主演の福士蒼汰とは「海の上の診療所」、「恋仲」、「お迎えデス。」、そして今作の「愛してたって、秘密はある。」とあわせて4度目の”キャストと主題歌”としてのタッグとなる。 今回ドラマ用に書き下ろされた新曲『ずっと、ふたりで』はドラマを盛り上げること必至な、極上のミディアムバラードで、ドラマの主人公が心の中に秘めた思いにピタリ寄り添った、そんな歌詞世界も魅力的な1曲。今作はAKB48や乃木坂46、嵐などへも楽曲提供をしている杉山勝彦が作詞・作曲を手掛け、家入レオとしては初めてシンガーに専念した楽曲となる。作詞作曲に携わることで自分の世界観を表現するだけでなく、今まで以上に「自分の声や歌を力にかえて伝えることができるようになった」からこその”表現者”としての初の試みとなる。 また、シングルのカップリングには自身作詞作曲による新曲を収録。さらに、”SMBC/三井住友銀行 2017年「ひとりひとりが日本代表。」CMソング”としてもオンエア中となる話題のカバー曲『ヒーロー』も収録される。 そんな待望の新曲を集めた13枚目のシングルは、7月26日(水)に初回限定盤(CD+DVD)・完全生産限定盤(CD+GOODS)・通常盤(CDのみ)の3形態で発売される。初回限定盤付属のDVDには『ずっと、ふたりで』のミュージックビデオとメイキング、そして『それぞれの明日へ』のアナザーテイクのミュージックビデオが収録され、完全生産限定盤には今夏のオフィシャルグッズのデザイン仕様による”LEO IEIRI デニムストラップ付スマホリング”が付属となっており、オフィシャルサイトで本日から公開となっているのでチェックしてみよう。 また、同時に公開された新ビジュアルではデビュー時を彷彿させるヘアスタイルに戻った家入が5年の月日を経て大人に成長した様を垣間見ることができる。デビュー時のセミロングヘアに戻るのは、7枚目のシングル『純情』(2014.7.30発売)でショートカットをお披露目して以来丸3年ぶり。 更に、4月30日(日)に開催した初の日本武道館公演「5th Anniversary Live at 日本武道館」をコンプリート収録し、ドキュメンタリームービーも収録した完全版となる映像作品もDVD、Blu-rayの2形態で同時発売される。こちらのトレイラー映像は本日より公開となっているのでお見逃しなく。 そんな家入は8月6日(日)にはWEST GIGANTIC CITYLAND ‘17(@大阪・舞洲スポーツアイランド)、11日(金・祝)にはROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017(@国営ひたち海浜公園)への出演が決定。また9月6日(水)からは”5th Anniversary Live at Zepp” 全6公演がZepp DiverCity Tokyoを皮切りにスタートする予定だ。 <家入レオ コメント> ドラマ主題歌のお話を頂き、どんな雰囲気の曲がいいだろう?と悩み考える中で、新しい自分と音に出逢うことができました。 大切な人の光と影。どちらが欠けても君じゃなくなってしまう。そんな想いで歌った曲です。 ストーリーが展開する度に、違った聴こえ方をする曲だと思うのでドラマと一緒に楽しんで貰えたら嬉しいです。 <福士蒼汰 コメント> あるがままでいい。 どちらかが闇の中にいても、どちらかが光を照らしてくれる。愛している気持ちがあれば2人で歩いていける。 そんな2人の愛を感じました。 物語を優しい歌声と優しい歌詞で、優しく包み込んでくれると思います。 <ドラマプロデューサー・鈴間広枝  コメント> 『ずっと、ふたりで』を初めて聴かせて頂いたとき、思わずウルッとしてしまったほど、“めっちゃいい曲”です! 今回、家入さんには第1話の脚本をお渡しして主題歌の制作に臨んで頂いたのですが、ドラマの世界観に寄り添った本当に素敵なラブソングが出来上がり、作品の中で映像とどんな相乗効果を生んでくれるのか、今からすごく楽しみです! 福士さん演じる主人公の、“秘密があるけれど、恋人を心から愛する想い”が、家入さんの切なくて愛おしい楽曲で、テレビの前の皆様の心にもグッと届くと確信しています。