ピコ太郎がアニメ界に進出、異例の「台本なし」作品

『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)で世界を騒がせたシンガーソングライター・が、TVアニメ「のララバイラーラバイ」でアニメの世界に進出することが決定し、作品ビジュアルも解禁となった。

【画像】キービジュアル
TVアニメ化が決定した「のララバイラーラバイ」では、企画・原案・音楽を務める古坂大魔王のもと、がアニメ界の常識では考えられない、“台本なし”での物語創りに挑戦。本作で古坂大魔王・とタッグを組むこととなった監督・谷口崇(代表作:「森の安藤」、「ダッピィズ」ほか)が描き下ろした1枚のイラストからインスピレーションを得たが、収録時に即興で3分間の「おとぎ話」を作り上げるという、前代未聞の手法で制作される。

「マッチ売りの少女」「赤ずきん」など、世界中で愛され続けるおとぎ話の主人公のもとにが訪れ・・・、というオリジナルの物語を、眠りに就く前のベッドタイムストーリーとして届けていく。声優キャストは、のみ。おとぎ話の主人公をはじめとする全ての登場人物を1人で演じきる。

本作は、世界でも展開予定。世界中を踊りの渦に巻き込んだ鬼才が、今度は世界に向けてカオスな眠りをもたらすことになりそうだ。声優初挑戦となるの新境地に注目しよう。(※としては初声優となる)。この夏国内にてTV放送、 dTV他にて配信も開始予定だ。

合わせて解禁となった作品ビジュアルは谷口崇による描き下ろし。アニメキャラクターの姿に化したが野原で横たわり眠りにつく、インパクト溢れるイラストに仕上がっている。の鼻から浮き出す鼻ちょうちんの中には、シンデレラ、マッチ売りの少女など、おとぎ話の主人公達を見ることができる。

古坂大魔王・からのコメントも到着。「をアニメにしたい…これはプロデュースの結構初期から思っていたことで…でも、通常のアニメではらしくない…」という想いのもと生み出されたという本作について、「クダラナイモノにできた気がします」と古坂大魔王は自信(?)を覗かせた。

制作を行うのは、「秘密結社 鷹の爪」など 多くのヒットキャラクターを生み出してきたDLE 。即興の3分間ストーリーをどのように1つの作品として作り上げるのか、期待がかかる。

解禁と同時にOPENとなった公式サイト・Twitterでは、今後制作レポートを公開していく予定とのことなので、楽しみに待つとしよう。

<古坂大魔王 コメント>
(Q.今回「のアニメ」に挑戦するにあたってのお気持ちは?)
をアニメにしたい…これはプロデュースの結構初期から思っていたことで…でも、通常のアニメではらしくない…更に、長くてもそう。
その時に谷口さんとのコラボの話があって昔話の世界にを迷い込ませようと思いつきまして!
今回も革命だ!とか、凄いものを!とか全く思ってなくて…クダラナイモノにできた気がします

コメント>
(Q.本作は異例の「台本なし」の作品ですが、即興でのストーリーの作り方は?)
古坂さんが、突然色んな事を言い出してくれるので、それに乗ってやらせてもらってるんですピコ。
(Q.初声優に挑戦してみての感想は?)
声優は、スーパーの方は行ったことがあるのですが、初めての体験で、あまりの緊張から胸毛が二本生えましたぴ。

■作品情報「のララバイラーラバイ」
企画・原案:古坂大魔王
監督/キャラクターデザイン:谷口 崇
音楽:古坂大魔王
アニメーション制作:DLE
製作:のララバイラーラバイ製作委員会
CAST:
その他すべて:

(C)のララバイラーラバイ製作委員会