THE RAMPAGE、「THE MUSIC DAY」に単独で初出演
7月19日に3rdシングル『Dirty Disco』が発売となるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。 人気急上昇中の彼らが、「THE MUSIC DAY 願いが叶う夏」に出演することが発表された。THE RAMPAGEは先輩のバックダンサーとして出演したことはあるが、単独で出演するのは初めてとなる。グループ名には”暴れ回る”という意味があるというTHE RAMPAGE。ステージでどんな暴れっぷりを見せてくれるのか非常に楽しみである。 また、『Dirty Disco』の試聴音源と歌詞がオフィシャルモバイルサイトで解禁となった。ボーカル三人のコメントとともにぜひチェックしてみよう! RIKU 「『Lightning』や『FRONTIERS』とは違ってキャッチーなメロディーに仕上がっていますが、リリックにTHE RAMPAGEらしさが詰まっています。この楽曲はノリがよく、お客さんと一緒に楽しめる曲だと思うので、早くライブでやりたいです!」 川村壱馬 「サウンドは、80年代のDiscoの世界観をイメージしつつ、現代風にアレンジして作られた曲です。当時のディスコ文化をリアルに体験していないので、わからなかった事もありますが、掘り下げて調べてレコーディングに臨みました。自分達にしかできない「現代のディスコ」が表現できたと思います。気を張らず、ラフに、楽しみながら聞いていただける楽曲に仕上がりました。」 吉野北人 「夏」を感じられる楽曲に仕上がりました。音に合わせて、ありのままに、感じたままに、好きに体を揺らしてほしいですし、この楽曲で、皆さんの夏がより盛り上がれば嬉しいです。夏に発売なので、皆で楽しめる楽曲にしたかったので、聴いて下さった皆さんからどういう反応をいただけるか楽しみです!」