菅田将暉 1万件の応募が殺到した初ライブで堂々のパフォーマンス

俳優のが、2017年6月7日(水)に『見たこともない景色』でCDデビューし、本人名義としては初となるライブイベントを渋谷のライブハウスWWW Xにて開催した。
_Q2A1345 (002)

ソロデビュー曲となる『見たこともない景色』は、au三太郎シリーズのサッカー応援CMソングとしてTVCMでもオンエア中。CD発売に先駆けて3月22日から各配信ストアで楽曲先行配信を開始すると、iTunesソングランキング2位、LINE MUSICリアルタイムランキング1位にチャートインし、YouTubeでの再生回数も約300万回を記録するなど、リリース前から大きな注目を集めていた。

このイベントは、『見たこともない景色』のCD予約購入者とiTunesでの予約注文者を対象とした応募抽選による招待制で開催され、420名の招待枠に約1万件の応募が殺到したプレミアムライブイベントとなった。

幕落としでライブが始まると大きな歓声ともに、バックバンドを従えてデビューシングル『見たこともない景色』を披露。本人名義でのライブは初めてとなったが、堂々としたパフォーマンスと熱い表情、そしてのもつ独特の世界感で、集まった420名の幸運なファンを魅了した。

「ありがとうございます。です。デビューさせていただきましてうれしい限りで、ありきたりですけど、見たこともない景色です。」と初ライブとCDデビューを迎えた感想を語り、カップリング曲『ばかになっちゃったのかな』を唄い、ありのままで飾らない「素」のを魅せた。続いて、去年公開され、自身が出演した映画「何者」の劇中でも歌唱した「忘れらんねえよ」の『まだ知らない世界』のカバーを弾き語りで歌唱し計3曲を披露し初ライブを締めくくった。

俳優、歌手として活躍するから今後も目が離せない。