芳根京子 言葉を封印された「ここさけ」ポスターが解禁
心を揺さぶる感動作として大ヒットを記録した、劇場版オリジナルアニメ「心が叫びたがってるんだ。」(通称:“ここさけ”)の実写映画「心が叫びたがってるんだ。」が7月22日(土)より全国公開となる。 主演・中島健人、ヒロイン・芳根京子、石井杏奈、寛一郎という今、最も旬な俳優が集結。目の前にいる大切な人に好きと言えない若者たちが素直な気持ちを伝えていく物語。この夏、爽やかな感動が日本中を包み込む、青春共感ラブストーリーだ。 そんな映画「心が叫びたがってるんだ。」の本予告映像とWEB版ポスターが解禁となった。 今回解禁となった本予告映像は、“言葉を封印された”成瀬順(芳根京子)が、“本音を隠した”坂上拓実(中島健人)に気持ちを伝えようとするところから始まる。 幼い頃に何気なく母親に話した言葉で家族がバラバラになってしまった過去を持つ順は、しゃべろうとするとおなかが痛くなってしまう。そんな順の本当の気持ちを察してくれたのは、拓実だった。元恋人だった拓実と自然消滅して以来、“恋を諦めた”優等生の仁藤菜月(石井杏奈)。甲子園の“夢に破れた”野球部の元エース田崎大樹(寛一郎)。「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命された4人は、それぞれの想いを抱えたまま、“ふれ交”の出し物でミュージカルに挑戦することになる。心の奥底にずっと伝えたかった想いがありながらも、言葉にすることを避けていた4人の心はやがてすれ違っていく。 「言葉は傷つけるんだから。後悔したって取り戻せないんだから」「本当は言いたかった。どうしても言えなかった」「傷ついてもいいからお前が本当に喋りたいこと、全部聞きたいんだ」――。目の前の“大切な人”に「好き」と言えなかった4人が巻き起こす奇跡に期待が高まる。 ヒロインの成瀬順(芳根京子)は、幼い頃、自分の一言で両親が離婚してしまい、それ以来、誰にも心を開かなくなっていた。今回、解禁されたポスターは想いを誰にも伝えられず、寂しそうにたたずむ順の姿を切り取っており、“言葉を封印された少女”の心情を表現した1枚となっている。 ■映画『心が叫びたがってるんだ。』 7月22日(土)全国ロードショー 原作:超平和バスターズ 監督:熊澤尚人 出演:中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎 / 荒川良々、大塚寧々 配給:アニプレックス (C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ