新川優愛 カレシができない理由に筧美和子の影?

6月6日(火)、東京・表参道で「PANDORA(パンドラ)」の表参道店1周年を記念したトークショー・イベントが開催され、スペシャルゲストとして女優・モデルのが登壇した。

夏を先取りした、鮮やかなブルーのワンピース姿で登場した。リゾート風な「PANDORA」のブレスレットにリング、ネックレスを身につけて「どれもデザインが素敵。繊細だけど力強くて、つけるだけでテンションがグッと上がる」と、ジュエリーの感想を口にした。

そんな新川は、ジュエリーを選ぶ際は一目惚れだとか。「これだって思ったら『サイズ測ってください』って言っちゃうくらい、決めるのは早いと思います」とのこと。

22

今年も女優・モデルとして、ドラマやバラエティ番組でも活躍中のだが、これまでを振り返り「これまで前だけ見て突っ走って来たなぁって。2017年下半期もいただいた仕事をがんばっていろんな人の期待に応えたい」と今後の抱負を語った。

トークショーでは好きな男性のタイプに言及する場面も。新川は「あんまり顔と性格で決まった好みはないけど、自分の仕事に対して一直線で真面目な方」「(ただ熱い人より)クールさの中に芯がある人」と答えた。

また、イベント後の囲み取材では、やはり「男性のタイプ」について質問が集中。新川は、ジュエリーは一目惚れなのに対し、男性の一目惚れは「人生で一度もないと思います」と断言。「宝石と違って人間の中身は分からないですよね」と説明した。

新川は男性からジュエリーをプレゼントされた経験がなく「自分へのごほうび」として購入するケースが多いとか。しかし、男性から「ごほうび」としてプレゼントされるなら「うれしいですよね」とまんざらでもない様子。新川は「こんなこと言ったら好感度狙ってんのかって思われそうなんですけど…」と前置きした上で、「『新川にどれが似合うかな』って考えてくれている時間がやっぱり嬉しいですね」と笑顔を見せた。

また意外にも“地味すぎる”休日を過ごしている新川。休みの日は、ポストに投函されたチラシを「いるチラシ」と「いらないチラシ」に選り分けているという地味すぎる実態に、記者陣からも笑いが起こった。

記者から「忙しすぎてカレシができないみたいなことも…?」と質問が飛ぶと、新川は「基本的に時間は作るものだと思うので……でも、私に彼氏ができない理由は、筧美和子に会いすぎているんだと思います…」と吐露。この告白に記者陣が爆笑すると、新川は「毎日のように連絡を取り合って(休日は)必ずどちらかの家に集合って感じなので……向こうも親友だと思ってくれているといいんですけど」「会えないときはお風呂で2時間くらい電話しています」と、はにかんだ。どうやら、新川の異性交際ができない理由には女優・筧美和子の影があるようだ。

その後、新川は「PANDORA」表参道店にて行われた1周年を記念したセレモニーにも参加。純白のドレスに着替えた新川は「これからも素敵なジュエリー楽しみにしています」とコメントすると、パンドラ ジュエリージャパン株式会社のジェネラルマネージャー・横山麦氏、表参道店店長・市倉晃明氏に花束を贈呈。さらに、店頭に設置した、アーティストのJajyuが描いたウォールアートのアンベールも担当し、夏を予感させるバルーンの絵画の登場に思わず拍手していた。