”ポスト橋本マナミ”1番手森咲智美 恒例の目隠し&氷プレーに大興奮

昨年3月に名古屋のご当地アイドルグループ・OS☆Uを卒業後、グラビアに活動の拠点を移した。グラドル界でも飛び抜けたセクシーさが人気を呼び、”ポスト橋本マナミ”の一番手として大きな注目を集めている。そんな彼女が、通算6枚目となるDVD『L’Aman-ラ・マン-』(イーネット・フロンティア)を発売した。

DSC_0336

昨年11月に沖縄、そして今年3月に都内と場所を分けて撮影された今作。その理由を「最初は体育会系女子にしようとしたんですが、愛人キャラに変更となり、都内で再び撮影するようになりました」と企画に変更が生じたことを明かしながら、「タイトルの通り愛人としてイケない恋をするストーリーになっています。愛人とイチャイチャしたり、相手が出張に行った時にビデオレターで猛烈にアピールしたりしました」とDVDの内容を説明した。

「羽根でバストのトップを隠した水着は、今までの中でも1番過激なシーンだと思います。その水着を着たシーンは、出張中の愛人に出すビデオレターを収録するシーンなんですが、『私を見て元気だして!』と言ったりして私的にも一番気に入っています」と満足げ。さらに彼女の売りでもあるセクシーさが見られるシーンを「黒のハイレグ変形水着を着たシーンは、私のDVDの恒例となっているシーンが入っていますよ(笑)」と、私生活も含めて3カ月振りに挑んだという目隠し&氷プレーが収録されているとか。「ちょっと恥ずかしかったんですけど、悪くないかな(笑)」と満更でもない様子で、その過激なプレーを「(相手が)やりたいならやって欲しいですね。全然嫌じゃありません(笑)。最近Mということが発覚したので、明石家さんまさんみたいにガツガツした男性や有吉弘行さんみたいな毒舌の方に責めされてみたいです♪」とアイドルらしからぬ発言で報道陣を驚かせた。

昨年あたりからセクシーさを全面に押し出し、あまりのエロさに”愛人にしたいグラドルNo.1”とも呼ばれている森咲。愛人キャラには「私でよければ全然いいですよ(笑)」と身を乗り出してアピールするも、「(妻帯者に)家庭崩壊しない程度にして欲しいです。家族を大事にして欲しいので」と男性陣への注文を忘れなかった。

また、この日はド派手なゴールドのビキニ姿で登場した森咲を、メーカー担当者は「今のグラドルの中で1番ゴールドの水着が似合うのはちゃん」と寸評。業界関係者からも高評価の彼女は、トップグラドルが集結する「ビジュアルクイーン撮影会 in としまえん」(6月24日 東京・練馬 としまえん)の4年ぶりとなる参加も決定しており、今後の活躍に期待が高まるグラドルの1人だ。