速報首位NGT48荻野由佳 小林幸子と田植え体験「新潟にも貢献したい」

総選挙立候補メンバー24人中11人が100位以内にランクインしただけでなく、が1位になるなど、昨日の速報発表では
歓喜に沸いた

一夜明けた本日は、いつもと変わらず、日頃大切にしている地域密着活動として、新潟県内で行われたイベントにメンバーが参加しました。

IMG_4648

新潟市南区では、同区のPR大使を務める(チームNIII)と(研究生)が、本日から5日間にわたって開催される「白根大凧合戦」の関連イベントに参加。白根名物である凧の一大お祭りを盛り上げるべく、合戦初日の本日に南区白根本町通りにて、地元小学生の鼓笛隊パレードを先導に、篠田昭新潟市長や大凧合戦の参加者とともにパレードを行った。

朝から小雨が降り開催が心配されていたが、本番直前にぴたりと雨が止み、無事にパレードはスタート。沿道に駆けつけた方たちからは、大凧合戦に向けた威勢の良い応援に交じり、速報で52位の中村に「おめでとう!」と祝福の声も。残念ながら速報ではランクインしなかった加藤にも「かとみな、応援しているよ!」などの温かい声援がおくられていた。

長岡市の山古志地域では、新潟県出身の歌手・が、中越地震以降続けている「山古志地域『田(でん)』田植え」に、速報で1位となった(チームNIII)、(チームNIII)、(チームNIII)の3名が参加した。

4月12日に新潟市内で行われたのメジャーデビュー記念イベントに、小林がサプライズゲストとしてお祝いに駆けつけてたお礼として、今年で12回目というイベントへのの初参加が実現した。3人とも本格的な田植えは初めての経験だったが
、水田に足を取られるなど悪戦苦闘しながらも、小林直々に手ほどきを受け、何とか稲を植えていきました。地元の農家のんだようす。

取材にかけたつけた報道陣に「のママとして、本番でも1位を取ったらどうしますか?」と質問された小林からは、「『メガ幸子』をあげちゃう」とNHK紅白歌合戦のステージで披露した巨大な衣装をプレゼントするというの驚きの公約が飛び出し、これにはメンバーも「本当ですか!」と大喜び。新潟の大先輩の力強いエールを受けて、荻野は「新潟の為にも
貢献したいです」と、総選挙本番に向けて決意を新たにしていた。

ⓒAKS