NMB48市川美織 総選挙選抜入りの思いと”さや姉”への恩返し
これからブレイクするであろうアイドルたちを応援するニコニコチャンネル「NEXTアイドルをさがせ!」のニコ生特番「NMB48市川美織にアイドルを学ぶ」第4弾が29日生放送された。 NMB48の”みおりん”こと市川美織と、芸人・キクチウソツカナイのコンビでの番組は3回目となり、すっかり息の合った2人、キクチから「もう慣れましたか?」と聞かれ、「いやもう、慣れるも何も”家”みたい」とふんわり対応に、スタッフもにっこり。奇しくも放送日当日は市川がAKB48正規メンバー昇格記念日。この日で6年を迎え、「当時の”まとめ”さんを見てみたんですよ、みんなどんな反応してんのかなあって、そうしたら”AKB48にも正統派がついに来たか”とか、”こんな可愛い子がいたのか?””なんでセンターじゃないんだ!”とか書いてありましたが、申し訳ございませんでした」と頭を下げ、「レモンとしては正統派ですが、アイドルとしては一線を越えてしまった…」と振り返った。 番組後半では、シングル選抜総選挙投票開始前日にあたり、”政見放送”風に市川の所信表明が行われた。「去年は圏外を経験して、現実を目の当たりにしました。去年は本当にいい教訓になったなあと。悔しかったけど、81位という順位でなんか”ちょとおいしい”と思った自分もいたりして(笑)。そのおかげでいろんなことにチャレンジ出来て、NHKの紅白選抜では10位に選んでいただいて、でもAKB48にはいろんなメンバーがいるから、私は総選挙に拘らなくてもいいかなって思ったんですけど、アイドルとしてここまでやってきたからには、”みなさんと何か形に残るものを”とも思っていて、総選挙で選抜メンバーになるのはひとつの夢です。今年はいろんな方が辞退をされたり、たくさんの先輩が卒業もされて、もしなれるんだったら今年がチャンスだと思って、目標順位15位を掲げています。今の私の勢いと、紅白選抜で皆さんが示してくれた順位でいただいた自信を考えたら、今年しか狙えいないかなと思っています。今までの最高が39位なので、それ以上の順位が本音ですが、それでは妥協してるなと、ここまで大きく勝負するのが市川美織だと思います。鼻で笑う人もいると思うんですけど、15位は本気です。15位に入ってミュージックビデオにもうちょっと出たい(笑)、あと音楽番組で探さなくても分かる存在になりたい。CDジャケトとの表面に出たい。」と自分のことばで正直にファンに思いを届けた。 さらに「AKB48グループが頑張り時というか、フレッシュなアイドルさんがたくさん出てくる中で、このままでは廃れて行く、それを食い止めたい。自分なんかが出来ることは微力かもしれないけど、私が動いて何かが動いてくれたら。NMB48も含めてもうひと花咲かせたいなと思って。AKB48グループ全体でまた紅白歌合戦に出たいと思いますし、私だけじゃない、みなさんの思いも込めて15位に立ちたいんです。NMB48は”さや姉”(山本彩)も出ないし、NMB48のランクインメンバーを今までで一番多くしたいです。去年その力にはなれなかったので、今年はさや姉の分も順位をより上に上がって恩返しできたらいいなって。本当はね、さや姉に”総選挙”で1位になってほしかったて言う思いもあるんです。おそらくNMB48メンバー全員がそう思ってるんですよ。それを後輩に託してくれたさや姉の思いも汲んで、ひとつの思いを受け止められればと思っているので、みんな頑張りましょうね!NMB48は総選挙に弱いとか言わせないように。今年はかかっていきましょう。」と奮い立たせ、思いの丈をすべてぶつけた。 沖縄で開催される今年の選抜総選挙、「おみやげ買って来ますね」と市川がキクチに言うと、ユーザーから「選抜15位がおみやげ」とコメントが。「じゃあそうしますね!ウソ付くかもだけど(笑)」と笑顔を見せたが眼差しの奥は気合で漲っていた。 「NMB48市川美織に、アイドルを学ぶ~NEXTアイドルをさがせ!チャンネル特番~」【クリック】 ニコニコチャンネル生放送版【クリック】