【SKE48総選挙】期待の小畑優奈、研究生の躍進にも注目
6月17日の開催を目前に控えた「AKB48 49thシングル総選挙」。迫った5月31日の速報、そして開票日まで、ファン、メンバー共に意気は日毎に上がり続けている。当サイトでも、各グループ、注目メンバーについての記事を集中連載中。今稿では、SKE48の注目メンバーについて触れていきたい。 SKE48で最も今結果を欲しているのは7期生だろう。2015年のデビュー以来から今年で2年、今や公演でも主軸を担うメンバーが増えており、初々しさから脱皮を遂げようとしている。ここで大きな結果を残せば、弾みがつくはずだ。昨年7期で唯一速報にてランクインを果たした後藤楽々は、松井珠理奈が記録した初登場19位の壁を越えると宣言。町音葉、末永桜花、野島樺乃といったアイドル性が十分なメンバー「社長」キャラで頭角を表しはじめた髙畑結希など、それぞれが際立ったユニークさを発揮し始めている。その筆頭に立つのはチームKⅡ小畑優奈(おばた・ゆな/愛称:ゆなな)だろう。当サイトでも、別稿にて彼女が今いかにして急成長を遂げているかについて紹介したが、今年に入りさらに勢いは加速。AKB48『願いごとの持ち腐れ』カップリング『前触れ』で歌唱メンバーに選抜されれば、「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス刊)、「ヤングアニマル」(白泉社刊)の表紙を単独で飾るなどグラビアで個人仕事も数多く獲得。何より、引っ込み思案で自分の意思を伝えることが得意ではなかった小畑は、「センターに立ちたい!」と、自らの意思を発言するようになるなどの心身共に強さを増した。人気・実力共に充実した今、小畑の選抜への門は広く開かれている。 個人的な注目ではあるが、ダークホース的存在として片岡成美(かたおか・なるみ/愛称:なるぴー)が面白い。144cmという超子柄な身体、14歳という若さながら全チームのアンダーとしてほぼ休みなく立ち続けている。その姿には「全チーム兼任メンバー」という声があがるほど。さらには急遽の欠員が発生した際にスクランブル出演でみごとチームを救うなど、劇場の全公演に欠かせない文字通り「シアターの女神」として大車輪の活躍を見せている。SKE48の魂である劇場公演を支える片岡(そして相川暖花、和田愛菜という最強研究生を目指す7期研究生)のようなメンバーが総選挙で見つかれば、面白いことになるのは間違いない。 まだデビューして間もない8期生。それぞれが自分の武器や色を探しながら、日々手探りで面白く成長中。その中でも、矢作有紀奈(やはぎ・ゆきな/愛称:きな)は、早くも握手を完売させるなど、結果を着々と残し始めている。完成された美しいルックスと、22歳という大人びた雰囲気から繰り出される艶のあるステージングが話題にもなっており、大きなチャンスを掴む可能性は十分に高い。 SKE48には、まだここには挙げきれないほどに味がある面白いメンバーばかりだ。誰が入るか想像できない。2年ぶりの総選挙第一党を目指しているSKE48。沖縄の地でも大輪の華を咲かせるためには新たな力が必用だ。(田口俊輔) 写真(C)AKS話題の「最強合法ロリ巨乳」が「元祖合法ロリ」の市川美織と対面AKB48選抜総選挙、速報発表をニコ生で全国6都市より生中継