LUNA SEA 今年もSSA2days開催、アルバムリリース宣言にファン歓喜
LUNA SEA結成記念日である5月29日に開催された「LUNA SEA The Anniversary 2017 5.29 日本武道館」公演のアンコールで、ボーカルRYUICHIより、昨年に続き、12月23、24日のさいたまスーパーアリーナ2days公演開催が発表された。 そして昨年よりその動向が度々語られていた、バンド自身9枚目となるオリジナルアルバムを、ついに年内、さいたまスーパーアリーナ公演までにリリースすると宣言し、この日会場に集まった14000人が歓喜に包まれた。 RYUICHIは、『ニューアルバムのテーマは「愛」になる。今こんな時代だからこそ「愛」が大切。サディスティックな「愛」もあり、温かい「愛」もある。LUNA SEAなりの「愛」を形にして届ける。』と語った。 本公演はチケット発売と同時に即完売となったプレミアム公演とあって、360度埋め尽くされた超満員の客席は、メンバーの登場から終始最高潮の盛り上がりを見せ続けた。また今年2017年はメジャーデビューアルバム『IMAGE』をリリースしてから25周年ということもあり、そのデビューアルバムのタイトル曲でもある『Image』を久しぶりに披露。さらにはLUNA SEAの存在をこの世に知らしめたモンスターアルバム『MOTHER』のタイトル曲『MOTHER』で壮大に最後を締めくくるなど、まさに記念日に相応しい選曲で、感動の1日を演出した。 またこの公演は、ギターSUGIZOの楽器すべてとコンサートグッズ売り場の電源として、再生可能エネルギーによる水素燃料電池車を用いた世界初のライヴとしても注目され、今後のエネルギー政策とエンターテイメントの在り方にも重要な一石を投じたと言えるだろう。 ついにニューアルバムの年内リリースを宣言し、そのアルバムを手に再び帰ってくる12月のさいたまスーパーアリーナ2daysは、更なるプレミアムな2夜になることは間違いなさそうだ。チケットは明日5月30日正午より、ファンクラブ先行受付がスタートする。