”神乳”Gカップ神谷えりなをフェティッシュに味わう

「週刊プレイボーイ24号」(5月29日発売・集英社)では、“最強の地下アイドル”のエースを初ソロ撮り下ろし。“神乳”と呼ばれるGカップを生かしたグラビアは数多の男性を骨抜きにした、彼女の真骨頂。地下の“神”、降臨だ。

WPB0612_kamiya

「人間陶器」と題されたグラビアは、どこか人形的というか、無生物的なキレイさがある神谷を、白壁を生かしての室内でのシンプルな撮り下ろしと、ビルの屋上で東京のビル群をバックにパンスト+下着+ワイシャツといったOLスタイルの衣装で、非現実感を醸し出すような不思議なテイストの写真を披露している。

神谷は「撮影中に小道具としてイチゴを食べたり、ボディクリームを自分で塗ったりしたのが、過去にやったことのないような撮り方だったので印象的でした。イチゴをくわえた唇の雰囲気ですとか、クリームを塗った肌の質感ですとか、そういう少しフェティッシュな部分も出ているグラビアなのかなと思います。ぜひ誌面で確認してください」とメッセージを贈っている。

メンバーとして、秋葉原の専用劇場”カフェ”での連日のライブ出演はもちろん、地元SBS(静岡放送)のバラエティ「超ドSナイト ヨエロスン~とことんお尋ネ申す~」にレギュラー出演中。また主演映画「海にのせたガズの夢」が11月公開予定。さらに7月7日(金)に配信開始、DVD発売予定のフェイクドキュメントドラマ「プロデューサーKⅡ」(共同テレビジョン)にも出演。そして8月25日(金)には最新DVDがエアーコントロールから発売予定と、百戦錬磨の活躍を見せる”えりにゃん”から目が離せない。

ⓒ藪下剛士/週刊プレイボーイ


週プレ公式!デジタルコンテンツサイト 週プレ グラジャパ!はこちらへ