MISIA 世界遺産登録記念ライブで観客は大興奮「今夜は特別に・・」
MISIAが、鹿児島・仙厳園にて、世界遺産登録記念と題し、MISIA Candle Nightを、5/27(土)28(日)の2日間にて開催した。 会場となった仙厳園は、万治元年(1658年)、19代島津光久によって築かれた大名庭園。350年以上にわたって島津家歴代の憩いの場や国内外の賓客をおもてなしする場として用いられていた場所だ。2015年に「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録され、MISIAが2014年より開催していた“世界遺産劇場”開催の地として選ばれた。 また、今回初の試みとしてライヴの開催以外にも、”桜島キャンドルナイトテーブル”として、桜島を眺めながら薩摩の郷土料理を堪能できるダイニングアウトも開催。ライヴの開演を前に、観客は極上の美しい料理の数々に舌鼓を打っていた。ピンク色の夕焼けが広大な空をつつみ込むと同時に、会場に敷き詰められた数千個のキャンドルの炎がじんわりと浮かび上がり、キャンドルの炎を眺めながら大切な人と寄り添う時間であると同時に、便利なものに囲まれた私たちの生活のあり方を見直すきっかけになってほしいという願いが込められたMISIA Candle Nightの醍醐味ともいえる幻想的な雰囲気に、観客はそれぞれの想いを馳せ、背景にそびえる桜島を眺めていた。 バンドメンバーがステージに登場し、レインボーカラーの照明が客席を照らすと『SUPER RAINBOW』のイントロがスタート!大きな拍手に迎えられながら、MISIAが登場した。「みなさん、こんばんは!MISIA Candle Nightへようこそ!」と呼びかけると、会場から歓声がわいた。続けて『MELODY』『真夜中のHIDE-AND-SEEK』が披露され、圧倒的な歌唱力にとどまらず生バンドの演奏力までをも見せつける。 「歴史あるこの場所でライヴを開催できることがとても光栄です。」と、このCandle Nightに込めた想いを語り出すと、観客はキャンドルを手に取り、話に聴き入っていた。 当日は、”語り継ぐ・歌い継ぐ”をテーマに、観客から事前に募集していた”SING Cover Song for you!”企画も実施。投稿されたリクエスト曲を、ライヴでMISIAがカバーする、とっておきの企画だ。1日目に披露されたのは、玉置浩二の『メロディー』であったが、2日目に披露されたのは中島みゆきの『糸』。音楽ファンの間でも人気の高いこの名曲を歌い終わると、空には無数の星たちが浮かび上がっていた。 続けて「今夜は特別に・・」とMISIAが歌ったのは、初めて声優に挑戦した映画「SING」にて、ゾウのミーナが歌う『Hallelujah』と『Don’t You Worry ‘Bout a Thing』の2曲。これまで劇場でしか聴くことができず今回初披露となった”生”ミーナの歌声に観客は大興奮。映画のパフォーマンスシーン同様、観客は総立ちでステージに向かい歓声をあげていた。 その後、『Everything』や『逢いたくていま』、『オルフェンズの涙』『幸せをフォーエバー』など、ヒットソングが続々と披露される。20年の間に積み上げられた名曲の数々やMISIAの歌声は、唯一無二のものであることを改めて気づかされる圧巻のパフォーマンスだ。「震災の痛みや感じた想いを忘れることのないよう、私がキャンドルに込めたい願いを歌います。」というMCの後、復興応援メッセージソングの『明日へ』が披露され、ラストはMISIA Candle Nightのテーマソングともいえる『Candle Of Life』で本編は終了。 MISIAの呼びかけとともに、それぞれの願いが込められたキャンドルの炎を吹き消し「第33回JTB世界遺産劇場‐鹿児島 仙巌園‐世界遺産登録記念 MISIA Candle Night」は幕を閉じた。 (写真)AKI、田中雅也