藤江れいなが卒業、「全員わたしにとってカワイイ妹」最後までNMB48愛
NMB48の藤江れいなが、NMB48劇場で卒業公演を行った。藤江は2007年5月27日に研究生としてAKB48に加入し、翌年3月に正式メンバーとして昇格。その後『10年桜』で初の選抜メンバーに選ばれ、妹系愛されキャラとして人気となった。そんな藤江だが、2014年2月に開催された「AKB48グループ大組閣祭り」にて、NMB48へ完全移籍することになった。NMB48では年上でチームを引っ張る立場になり、これまでNMB48をしっかり支える存在に。 藤江がいないNMB48なんて考えられないとまで言われるほど信頼感抜群の藤江だが、卒業を発表。すでに藤江の地元である千葉県、そしてNMB48の本拠地大阪で卒業コンサートが行われている。卒業公演の前日には、AKB48劇場で同期の4期生による特別公演も行われ、久々の再会もあり大きな盛り上がりを見せてくれた公演となった。 そして藤江にとって、最後になるNMB48劇場での卒業公演の日が遂にやってきた。 卒業公演は、藤江の所属するチームBⅡの「恋愛禁止条例」公演である。会場には藤江による影アナが鳴り響く。幕が開き『長い光』『スコールの間に』『JK眠り姫』『君に会うたび恋をする』と一気に歌い上げた。 ユニット曲では、『黒い天使』となるのだが、本来なら太田夢莉がセンターを担当している楽曲に藤江がセンターとなって登場した。『黒い天使』は藤江がAKB48時代に歌っていた曲だったこともあり、古くからのファンにとっては思い入れの強い曲である。本来は『真夏のクリスマスローズ』を担当している藤江が、最後ということで、太田とチェンジをして思い入れのある『黒い天使』を藤江、『真夏のクリスマスローズ』を太田が歌うというサプライズとなった。 あっという間に最後の曲『あの頃のスニーカー』になってしまった。本編は終了。劇場が暗転すると客席のファンから藤江に対する思いを込めてアンコールが発動された。会場にはアンコールとして「れいにゃん」コールが響き渡り、そのコールに応え、藤江は再びステージに戻ってきてくれた。 アンコールでは『僕以外の誰か』からスタートし、NMB48メドレーと続き、最後は『大声ダイヤモンド』で締める。そして、スクリーンには藤江の10年間という長いアイドルヒストリーの映像が流された。デビュー当時の懐かしいシーンから現在までの映像で、藤江がアイドルとして歩んで来た道そのものである。映像の後には、藤江がウェディングドレスで登場し、AKB48時代に初選抜となった『10年桜』を披露してくれた。藤江にとってアイドル人生の集大成の一曲、10年間のAKB48グループでの活動にピリオドを打った。 藤江は「色々なことにチャレンジしましたし、色々な方と出会いました。楽しいことだけでなく嫌なこともありましたけど、それをすべて含めて今の私にとって誇りになっています。NMB48に加入して3年があっという間に経ちました。NMB48はみんな後輩なんですけど、後輩から学ぶことも多かったし、AKB48時代には想像もしていなかったキャプテンをNMB48でやらせていただいて、私自身はポンコツなんで、見習ってということはできませんでしたけど、私をNMB48が成長させてくれたと思います。本当に私は色々な方に恵まれて、本当にこうしてたくさんの方が私に関わってくれて感謝の気持ちでイッパイです」「NMB48はカワイイ子がたくさんいますし、全員わたしにとってカワイイ妹なので、今後はNMB48がてっぺんを目指せるようにずっと応援し続けて下さい。私はアイドルを10年続けてきて悔いはありません。アイドル最高です」とコメントした。 NMB48の卒業と同時にアイドルも卒業する藤江は次なるステップに進むことになる。話題の「最強合法ロリ巨乳」が「元祖合法ロリ」の市川美織と対面AKB48選抜総選挙、速報発表をニコ生で全国6都市より生中継