BIGBANG、約半年ぶりのステージは大熱狂の渦
昨年2016年にデビュー10周年を迎え、11月~12月にかけ全4都市16公演で78万1,500人を動員、海外アーティスト史上初の4年連続日本ドームツアー【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-】を行ったアジアが誇るモンスターグループBIGBANG 。 そのBIGBANGが5月27日(土)の福岡 ヤフオク!ドーム公演より、スペシャルファンイベント【BIGBANG SPECIAL EVENT 2017】をスタートさせた。 メンバーのT.O.P入隊前、BIGBANGフルメンバーでの最後の日本公演となった【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-】12月29日(木)京セラドーム大阪ツアーファイナル以来、BIGBANGとしては約半年ぶりとなる日本のステージ。 これは【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-】で、リーダーのG-DRAGONが「メンバーの一人が軍隊に行っている状況でも、ファンの皆様が寂しさを感じないように一生懸命に活動する」とファンに約束していたように、BIGBANGメンバー全員が、より早くより多くのファンとふれあう機会を設けたいという熱意により、このスペシャルイベントの開催が実現に至ったもの。 この【BIGBANG SPECIAL EVENT 2017】は、5月27日(土)福岡 ヤフオク!ドーム、5月30日(火) 、31日(水)東京ドーム、6月3日(土)、4日(日)京セラドーム大阪の全3都市5公演のドームツアーで、まさにモンスターグループに相応しい異例の規模でのスペシャルイベント。 司会に古家正亨を迎え、G-DRAGON、SOL、D-LITE、V.Iのメンバー4人の爆笑トークセッションや、各公演ごとに異なる内容で趣向を凝らしたゲームコーナーなど彼らの素顔が垣間みられるものから、日本のステージでは初披露となる最新曲『FXXK IT -KR Ver.-』をはじめ、代表曲『FANTASTIC BABY』『BANG BANG BANG』など、2時間を超えるイベント内容でラストまで福岡 ヤフオク!ドームを魅了した。 今後のBIGBANGだが、それぞれソロとして活発な活動が発表となっている。SOLは海外アーティスト史上初の快挙となるスタジアムツアー【SOL JAPAN STADIUM TOUR 2017】を7月8日(土)、9日(日)千葉・ZOZOマリンスタジアム、8月5日(土)、6日(日) 神戸・ほっともっとフィールド神戸の全2都市4公演で開催予定。