妄キャリ×でんぱ組コラボユニット 阿蘇ロックフェスで初共演
5月27日、熊本県南阿蘇村の野外劇場“アスペクタ”にて開催された「阿蘇ロックフェスティバル2017」に、でんぱ組.incの古川未鈴、相沢梨紗、藤咲彩音がopening actとして出演し、「秋葉原ディアステージ」の後輩グループで、フジテレビ“ノイタミナ”TVアニメ「冴えない彼女の育てかた♭」エンディング・テーマである『桜色ダイアリー』を歌唱している妄想キャリブレーションとの豪華共演を果たした。 本イベントは、熊本地震からの復興を支援しようと、歌手の泉谷しげるらが呼び掛けて開催されたもので、ウルフルズや電気グルーヴ、WANIMAなどの人気アーティストが集まった。 ステージは妄キャリの5人による『桜色ダイアリー』からスタート。会場を埋め尽くす総勢1万人以上の観客を魅了した。続いて妄キャリに紹介される形でステージに登場したのは“ピンキー!”ことでんぱ組・藤咲彩音。妄キャリ・星野にぁとのユニット“ニァピン”で、新曲『PINKY☆STAR』を初披露。ポップな歌声と藤咲を中心に振付けたダンスで会場を沸かせた。 3曲目では、でんぱ組・相沢梨紗×妄キャリ・桜野羽咲による新ユニット“LAVILITH(ラビリス)”が登場し、新曲『スバラシキセカイ』を初披露。 「創聖のアクエリオン」などで知られるアニソン界の大御所・岩里祐穂が作詞したこの曲の幻想的なメロディを、ユニットとして初のステージとは思えない圧倒的な歌声と存在感で魅せつけた。 最後の曲では、センターポジションにでんぱ組・古川未鈴を据えて、再び妄キャリメンバー全員が登場。激しいダンスパフォーマンスで『激ヤバ∞ボッカーン!!』(TVアニメ「タイムボカン24」エンディング・テーマ)を披露すると、観客のボルテージは最高潮に達した。 パフォーマンス後、妄キャリ・星野が「今日ここでしか見られないユニットやコラボ!楽しんで頂けましたか!?」と客席に呼びかけると、でんぱ組・相沢が「最高の景色と最高の空気!みんな最後まで楽しんでいってね~!」と投げかけ、トップバッターのWANIMAにステージを譲る形で、豪華共演は幕を閉じた。 なお、妄キャリと“ニァピン”“LAVILITH”は、6/18(日)渋谷クアトロで開催される2マンライブ<『冴えない歌姫のスペシャルライブ♭』春奈るな×妄想キャリブレーション> でも共演が予定しており、2017年5月27日(土)よりチケット一般販売がスタート。先着で無くなり次第受付終了となるので、ぜひ早めにチケットをゲットしたい。