LiSA史上過去最多動員、リリース記念ライブにファン熱狂
LiSAが5/24(水)にラゾーナ川崎でリリースイベントを行った。 テレビ朝日「ミュージックステーション」出演直後のリリースイベントとあってか、平日の夕方にも関わらず、ラゾーナ川崎のミニライブにはLiSA史上過去最多動員、超満員のファンが集結。LiSAの登場を今か今かと待ちわびるファンの前にLiSAが現れ開口一番元気に「LiSAでーす!」と発し、ニューアルバム『LiTTLE DEViL PARADE』リリース記念ミニライブは幕を明けた。 いつもライブではフルバンドを従えたスタイルでパフォーマンスを行うLiSAだが、リリースイベントではアコースティックでのライブがお馴染みになっている。今回もギタリストとLiSAだけのシンプルな2名スタイルでの演奏となったが、1曲目に演奏されたのは、まさかのニューアルバム”最後”に収録されている『そしてパレードは続く』。 LiSAデビュー以来、LiSAの代表曲とも言える数々のヒット曲を手掛けてきたUNISON SQUARE GARDENの田淵智也が作詞作曲を担当し、編曲・演奏を世界中で活躍するライブバンド・東京スカパラダイスオーケストラが担当している楽曲を、アコースティックスタイルで初っ端披露。 続いては小南泰葉よりメロディを受け取り、『LiTTLE DEViL PARADE』の収録楽曲の中でLiSA本人が最後に歌詞を書き上げたミドルナンバー、『TODAY』を披露。超満員のラゾーナ川崎は一転してLiSAのパフォーマンスに引き込まれ、荘厳とした雰囲気に包まれる。 この2曲を放った後、サポートメンバーのギタリストは舞台を降り、アコースティックスタイルは終了。LiSAソロとなったステージで、本日リリースのアルバムのタイトル曲『LiTTLE DEViL PARADE』をドロップ。今までのアコースティックスタイルからは想像付かない様なパワフルさに啓蒙されたファンは一斉に腕を振り上げ、LiSAのコールに全力でレスポンス。 興奮冷めやらぬまま「次が最後の曲です!」と、本日のミニライブを締め括るのは、シングルリリースから3ヶ月しか経っていないにも関わらず既にLiSAの代表曲とも言える地位を獲得している『Catch the Moment』。大ヒット上映中の「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」の主題歌であり、地上波のテレビ番組でも何度も披露されてきた楽曲という事もあってか、その生歌披露に驚き足を止める買い物客も多数。 歌の余韻と最高の熱狂に包まれながら、割れんばかりの歓声と拍手の中、ニューアルバムリリース当日のラゾーナ川崎でのリリースイベントミニライブは終了した。 LiSAにとって2年ぶりとなるニューアルバム『LiTTLE DEViL PARADE』は、オリコンデイリー CDアルバムランキング(5/23付)で第5位を獲得。配信も好調に推移しており、iTunesでは総合トップアルバムチャート第2位(アニメトップアルバムチャートでは第1位)、mora総合アルバムランキングではハイレゾ版が第2位、通常版が第5位を獲得、amazonデジタルミュージック売れ筋アルバムランキングでは第5位に入るなど各配信ストアでは上位を席巻。 このアルバムを引っ提げて6月からはアリーナツアー、そして9月からは全国ホールツアーの開催も決定。夏のロックフェスへの出演も過去最多本数となる2017年。この夏も秋も思いっきり走り続けるLiSAの活動から目が離せない。 (写真)tetsuya yamamoto