防弾少年団 ジャスティン・ビーバーを抜きTop Social Artist受賞
防弾少年団が、アメリカ「Billboard Music Awards 2017」で世界的アーティストを抜いてK-POPグループ初の受賞の栄光を手にした。 21日(現地時刻)アメリカのラスベガスのT-モバイルアリーナで行われた「Billboard Music Awards 2017」で「トップ・ソーシャル・アーティスト(Top Social Artist)」部門を受賞。この日、韓国出身のグループとして初めて授賞式に参加した防弾少年団は、俳優ローガン・ポールとバイオリニストのリンジー・スターリングが受賞者で“BTS”を呼名すると驚いた表情で席から立ち、授賞式のステージに上った。 防弾少年団は「私たちの友達であるA.R.M.Y、本当にありがとうございます。Billboard Music Awardsのステージの上に立っているという事実をまだ信じられません」と言って「一番大事なのはこの賞は私たちを輝かせてくれて、愛してくれる全世界のすべての方のものです」と英語で感想を話した。 そして韓国語で「本当に愛してます、ありがとうございます。もっとかっこいい防弾少年団になります」と言って生中継で受賞する姿を見守っていた全世界のファンの心を温めた。 防弾少年団が受賞した「トップ・ソーシャル・アーティスト」はこの1年間アルバムおよびデジタルの売り上げ、ストリーミング、ラジオ放送回数、ライブおよびソーシャル参加指数などのデータと5月1日から行われたグローバルファン投票を合算し決定。防弾少年団と候補になり、競争したアーティストはジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメス、アリアナ・グランデ、ショーン・メンデスだ。特にこの部門は2011年新設されて以来、6年間ずっとジャスティン・ビーバーが受賞していて、ジャスティン・ビーバー以外で初めて受賞したのが防弾少年団となる。 防弾少年団は今までBillboard「ソーシャル50」チャートでジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフトに続いて3番目で多く1位を獲得し、全世界でのソーシャルネットワーク上の莫大な人気と影響を見せてきた。それだけではなく、2015年11月発売したアルバム『花様年華pt.2』を始め、韓国アーティストとしては初めて4枚アルバム連続「Billboard 200」入りと2016年10月2枚目のフルアルバム『WINGS』で「Billboard 200」のチャート26位という韓国アーティスト最高記録を立てた。 防弾少年団はこの日、授賞式に先立ちマゼンタカーペットのイベントに参加し、グローバル的人気のK-POPアーティストとして現地メディアの高い注目を集めた。 5月10日にリリースしたユニバーサルミュージック移籍第一弾シングル『血、汗、涙』が、海外アーティストとして今年度最高の週間売上枚数となる23.9万枚を発売初週に売り上げ、5/22付オリコン週間シングルランキング(集計期間:5/8~5/14)で初登場1位を獲得し、日本での人気も証明した防弾少年団。5月30日からは大阪を皮切りに日本ツアー「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR ~Japan Edition~」が行われる。 (写真)ロイター/アフロ