岸野里香「NMB48 1期会」で感じた同期の強い絆

がボーカルとして参加するバンドOver The Top。一期メンバーとして、数々の大舞台を経験してきた岸野。メンバーには、元チリヌルヲワカのギター坂本夏樹 、universe のベース永見和也、元the Lamps のドラム田中裕基が参加。今回、Over The Topの4人へ独占インタビューを行い、バンドの現状、そしてこれからの夢を聞いた。

DSC_2757

-48グループとしても卒業メンバーがバンドでデビューするのは初ですよね。背負っているものとかあります?

岸野
うーん、背負っているってのはないけど、頑張らなアカンなっていうのはあります。楽しみたいっていうのと…これや!って言う瞬間が凄くあるんですね。それを、ドンドン楽しみながら追求していけば成功につながるんじゃないかなと思います。

-記者会見では、山本彩さんを越えたいということも話していましたが、実際の関係性は?

岸野
わたしが言うのもあれなんですが、お互いに頑張りたいというか、それぞれで頑張って会った時に刺激し合えるという存在でいたいですね。この前も彩に会ったんですけど、Over The Topの歌を口ずさんでたりとか、ちょくちょくイジってくるんですよ(笑)。わたしと彩の関係性ってそういうお笑いの部分で繋がっているんです。Over The Topの歌を発表してから彩に会えていなかったので、どういう感じになるんやろ?と思ってたんですけど、イジってきたんで、ああこの関係性は変わらんのやなと思いました。あとは、「どこでライブするの?」とか「曲はどうやって作ってるの?」って聞いてくれて嬉しかったですね。

-それが、ツイッターで報告されたの1期会ですね。

岸野
そうです、彩はソロで頑張っているので色々な相談ができる存在ですね。

-ではライバルではない?

岸野
いや、ライバルですよ!でも、仲が悪いとかでなくてね。彩もわたしもの活動で自分のやりたいことが見つかったのでお互いに本当にいい関係ですね。

-ファンのみなさんも、バンドが男性だらけで心配しているんじゃないですか?

岸野
この間インストアライブでお渡し会したんですけど、凄いいい感じでしたよ。わたしのファンの人って保護者って感じがあって「ホンマいい人達で良かったわあ」って言ってました(笑)。

-まさかのお父さん目線!

坂本
優しい方ばかりでホッとした。僕らが里香ちゃんと年が離れているからあまり気にしていないんでしょうね。年が近かったらギラッとした感じはあったかもしれないけど(笑)。

永見
こいつらじゃあ恋敵にもならないだろうなみたいなね(笑)。30越えているから大丈夫だろうって。

岸野
(爆笑)。ファンのみなさんって友達っぽい感覚での頃から応援してくれる人が多い気がします。だって、この前のお渡し会の時に、でデビューした頃にファンだった方で、一時期離れていた人がまたOver The Topで応援に来てくれたり。凄い嬉しかったですね。

-ちなみに、バンド名の「Over The Top」には限界を超えてという意味がありますが、なにか限界を越えたことありますか?

岸野
えー…デビューするのにお腹すく限界まで頑張りました。

-ダイエット?

岸野
そう、わたしの時からダイエット結果をコンサートで発表したりとかして、いつもダイエットしているんです、太っちゃう体質なので。

のダイエット企画の前くらいから比べたら、全然太ってないじゃないですか。

岸野
いやいや、そんなことないんです…まあ、ダイエットしていることが自信につながるというか。で、今回もデビューに向けて意識が高くなりました。今までだと、っていう大人数のグループでなかなか一人でスポットライトを浴びることはなかったんですけど、いまはど真ん中なので、気をつけています。

-どんなダイエットを?

岸野
みんなでご飯行ったりもしたいので、バンドとして活動していない時はいつも以上にダイエットしています。

-みなさん、ダイエットと無縁そうな体してますもんね。

岸野
そう!みんな細いから気をつけてねってスタッフさんにも言われていて(笑)。わたし一人が女性なのに凄かったら嫌じゃないですか。

坂本
まあ、それはそれで路線変更すればいいだけで!

-徹底的に岸野さんに甘いですね(笑)。

岸野
でも、和也(永見)さんは凄い言ってくるんですよ。レコーディングの時ってパワー使うからお腹すくんです。レコーディングブースから出てきてソファーに座ったら目の前におにぎりとサンドウイッチが置いてあったんですよ。うわって思って、食べたいけど18:00以降食べないって決めてたんですよ。

永見
その時は、19:00だったよね。

岸野
ほら!こうやって言ってくる(笑)。で、もう仕方ないからこれは食べようと思って、おにぎりを食べたんです。でも、足りないと思ってサンドウイッチも絶対にいこうと思っていたんです。その時に横に和也さんがいて、気まずかったんで「食べてもいいですかね?」って聞いたら、そのサンドウイッチのカロリーを発表しだしたんです。

坂本
最低やな(笑)。

-そこで、食べるのを止めたと。

岸野
いや、結局食べたんですけど。

坂本
食べたんかい!

永見
あー本当に食べた~と思いましたよ(笑)。

-全然、限界ダイエットしてないじゃないですか!

岸野
いや、それはもうアー写を全部撮り終えた後だったので、自分ではいいかなと思いまして。そういうとこあるんです。

-そういうとこって(笑)。バンドでご飯いくとメチャクチャ食べるんですか?

岸野
もう、わたし以外が凄いんですよ食欲が。わたしが食べているのを「食べないなら貰おうか?」とか。まだ食べてるちゅうのに。

永見
ねえ、もう俺、凄い嫌なやつだって思われてない?

-間違いないですね(笑)。でも、センターに立つボーカルとして気になりますもんね。

永見
そうですよ!

岸野
いや、この前なんてわたしの目の前で「俺また痩せちゃったから、ラーメン食べた後にカツ丼も食べに行ったんだよね」とか話してくるんですよ。

永見
いや、僕はそれで丁度なんですよね。

田中
デリカシーなさすぎだろ(笑)。

岸野
まあ、バンドとしてバランスはスゴく取れているんじゃないかなと思います。坂本さんと田中さんは甘やかしてくれるんですけど、永見さんが厳しくて。

永見
この前、ニコ生に出して頂いた時に、友達からLINEが来て「お前、発言に気をつけたほうがいいぞ」って言われて(笑)。そう、僕は細い子が好きなんでね。

岸野
自分の好みかい!

坂本
僕らはレコーディングまでに結構、72時間とか起きていたよね。デビュー発表からのスケジュールが非常にタイトで。

-みなさんは本格的に限界突破してたんですね!では、最後にOver The Topとしての目標や夢を教えて下さい。

岸野
日本武道館を目指したいです。
まずは、7月には東京と大阪でワンマンライブがきまっているので、そこを一杯のお客さんで埋めたいと思っています!

時代は何度も立ってますよね。

岸野
凄い恵まれていたんだって思いますよね。わたしの目標は武道館を一杯にしたいですね。

-武道館って、特別なんですか?岸野さんは実際に何度も立っているわけですが。

坂本
やっぱ、バンドとしては特別な場所ですよね。

岸野
丸いからじゃないですか?

-え?

岸野
場所が分かんなくなるんですよ。メンバーがみんな迷うんです、出てみたらぜんぜん違う場所だったりとか。本当に丸いって感じなんですよ。お客さんも色んな角度から見てくれていて独特なんです。

-おー武道館あるあるですね。

岸野
の時はいっぱいのお客さんが見に来てくれていて、Over The Topとしても同じ風景を見たいですね。

-シングルを発売することで、目標順位はありますか?

岸野
うーん、10位以内…。

坂本
10位以内?1位取ることしか考えてないよ。絶対に1位取ってやろうと思っているから。

-おー!

岸野
一発目でてっぺんトリますか。

坂本
だってオリコンで1位取るなんて経験は殆どの人がないわけやから、自分はいま凄いチャンスがあって、取ってみたいって本気で思っていますね。

岸野
わたしがネガティブな事を言っても、こうやって「なんでよ!」って盛り上げてくれて、本当に自信につながって…助かっています(笑)。

として、オリコン1位も経験しています。

岸野
もう、全てはじめに戻った感じです。なので、Over The Topとしてオリコン1位もとりたいし、音楽番組にも出たいし、武道館にも立ちたいし。の時の経験って、後から気づくことが多いです。ああ、これってあの時の経験が生かされているなって。

のメンバーからは何かコメントがありましたか?

岸野
1期会に行った時、みんなダウンロードしてくれてたんですよ。彩だけは「円盤買うわ!その方がええやろ」って(笑)。嬉しかったですね。結婚した人もいれば、バラエティで頑張っている人、女優で頑張っていたり音楽で頑張っていたり…本当にみんなに会えてよかったなと思いました。つらかった時期のこととかみんなが共有していて、乗り越えた仲間なので、一人一人の活動にみんなが関心を持っていて、スゴく同期の絆を感じました。

の活動で得た一番の宝物かもしれないですね。

岸野
本当にそうですね、グループにいた時はそういうのって感じにくいんですけど、辞めてから気づいたことがスゴくありましたね。

-そのでの活動の集大成がメジャーデビューシングルになれば最高ですね。

岸野
『僕らの旗』も応援歌でスゴくいい曲で、ぜひ聞いて頂きたいです!

2017年5月31日発売
メジャーデビューシングル『僕らの旗』
初回盤A CD+DVD(ミュージックビデオ+メイキング)  ¥1852 (税抜)
初回盤B CD+ビジュアルブック ¥1574 (税抜)
通常盤  CD ¥1000 (税抜)
M1.僕らの旗(TBS・MBS系全国ネット「プレバト!!」2017年4~5月度エンディングテーマ)
M2.BUNGEE!
M3.キミニサチアレ
M4.僕らの旗(instrumental)
M5.BUNGEE!(instrumental)
M6.キミニサチアレ(instrumental)
<ライブ情報>
★初ワンマンライブ★
<東京公演>
Over The Top First Live 2017 ~Together to the TOP ~
■日程 2017年7月6日(木)
■会場 東京・Shibuya WWW X(http://www-shibuya.jp/access/)
■時間 OPEN 17:45 START 18:30
<大阪公演>
Over The Top First Live 2017 ~Together to the TOP ~
■日程 2017年7月13日(木)
■会場 梅田CLUB QUATTRO(http://www.club-quattro.com/umeda/access/)
■時間 OPEN 17:45 START 18:30