指原莉乃、総選挙の公約は伝説のアイドルイベント復活
指原莉乃が、「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」用のアピールコメントを発表した。 「今年をラストの総選挙にしようと考えています」とし、「若手にバトンタッチをしなければいけないのかなと思ったからです」と理由を話した。 今年の総選挙への出馬に関しては去年ラストと話していなかったことで「このまま出ないと、勝ち逃げみたいになっちゃうのかなと思い」とコメント。 「今年1位になれないかもしれません、それでもわたしは、ファイティングポーズをとり続けたいと思います。どんな時でもファイティングポーズをとらなければこの芸能界、わたしは行きていけないからと思っているからです」「それを後輩に伝えたいなと思っています」と加えて理由を話した。 公約に関しては、公式ツイッターでも「公約は、1位になったら、第2回指祭りを開催します!!5年ぶりですかね。どのアイドルが出るかも、開場がどこかも、1位になってから決めるので開催は遅くなりますが。。」とコメント。伝説のアイドルイベントの復活を宣言した。 最後には「1位取りに行くぞ、かかってこい」と締めくくった。